〉〉The Introduction to Sherlock Holmes

ここでは、ホームズをご存じない方のために簡単にホームズ作品の紹介をしています。


◆作品「シャーロック・ホームズ」

「探偵」と聞いてまず最初に思い浮かぶのがシャーロック・ホームズとその名パートナー、ワトスンではないでしょうか?ご存じの通り、「シャーロック・ホームズ」の一連の冒険談はイギリス人、サー・アーサー・コナン・ドイルが作り出した作品です。ホームズ作品が今の時代でも多くの国で訳されている原因としては、ホームズの人柄、ヴィクトリア時代の不気味な背景、そして何と言ってもワトスンの場違いじみた(←少々誇張しております。)質問の数々が挙げられるでしょう。それに対してたまにはおだてながらも常に紳士的な態度で接するホームズ。この両極端な2人(とはいうものの2人ともすばらしい英国紳士です)の活躍が読者をホームズの世界へと引き込むのだと思います。

Conan Doyle

作者のコナン・ドイルは1859年に生まれました。彼は大学で医学を専攻し、医者として開業したのでした。患者が来るのを待っている時間に書き始めた小説でしたが、いつしか本業の開業医としてよりも、シャーロック・ホームズの生みの親として有名になってしまいました。そしてついに医者をやめて本格的に小説家として活動することになったのです。

そんなドイルでしたが、何も彼はホームズ作品を中心に書くつもりはありませんでした。そこで1893年、ホームズが宿敵モリアーティ教授との死闘の末に死んでしまうという作品(「最後の事件」"The Final Problem")を書き、この世からホームズを消すことでホームズものの執筆を絶とうとしました。ところが世間が黙っていませんでした。ドイルの家の前でホームズのお葬式をしたり、脅迫のカミソリまで届けたりしたのです。さらにドイルの母親までもが反対したため、仕方がなく1904年「空き家の冒険」("The Adventure of the Empty House")でホームズを復活させたのでした。パチパチパチ!

1930年に亡くなるまでに、ドイルは長短編あわせて60もの作品を残しました。ほとんどのものがまず雑誌で発表され、その後数作品をまとめて短編集とされたのでした。ドイルの他の作品としては「失われた世界」("Lost World")などの「チャレンジャーもの」があります。


◆シャーロック・ホームズ

生年、出生地については不明ですが(ホームズ研究家の間ではヨークシャー地方のマイクロフト農場で生まれたと言われています)、作品中の記述から、1850年〜54年の間に生まれたのではないかと推定されています。家族についても多くは語られていませんが、7歳年上のマイクロフトという兄がいます。1903年に探偵業を引退。引退後はイングランド南部の小さな村に引っ込み、読書と養蜂に専念して日を送るが(彼はその研究成果を「養蜂の実用便覧」に著しています)、第1次世界大戦が始まると、故国のためにスパイとして働くことになるのでした(「最後の挨拶」)。その後の消息、没年については不明。

シャーロック・ホームズ(ジェレミー・ブレット)

画像はグラナダTV制作「シャーロック・ホームズの冒険」のホームズ役、ジェレミー・ブレットです。彼はこの作品で一躍「今世紀最大のホームズ俳優」として有名になりました。この作品でホームズの世界を知った方も多いと思います。しかしその当たり役を得たブレットも、1994年、心臓病のため他界しました。晩年の作品では彼のやつれた顔が画面を通しても伝わってきて、何とも言えない気分を味わったものです。今後、少なくとも私の中では、この最大のホームズ俳優を超えるホームズは出てこないことでしょう。

◆ジョン・H・ワトスン

名探偵の助手兼記録係を務める、誠実で義侠心に富んだ英国紳士。1878年に医学士(←つまりドクターではないのです)になり、軍医としてアフガニスタンに赴いたことがあります。負傷してロンドンに戻った彼は、1881年、ベーカー街221Bでシャーロック・ホームズと共同生活を始めました。後に結婚し(「四つの署名」“The Sign of Four”)、共同生活を解消(都合によりグラナダTVでは結婚していません)、開業医となるが、2人の名コンビはその後も難事件を解決していきます。非凡な名探偵と、その行動を観察し記録する健全な小市民、という組み合わせは、ホームズ作品以降パターン化し、「ワトスン役」という言葉も生まれました。

ジョン・ワトスン(デビット・バーグ)

同じく画像はグラナダTV制作の「シャーロック・ホームズの冒険」にてワトスン役を務めたデビット・バーグです。彼は今までのどじなワトスンから勇敢な紳士ワトスンへの転換を果たしました。第2シーズン以降(「空き家の冒険」以降)はエドワード・ハードウィックがこれも素晴らしいワトスン役を演じています。


◆私とホームズの出会い

2011年1月18日修訂

私が最初にホームズ作品を読んだのは、やはり皆さんと同じ小さい頃です。登場人物の一人であるワトスン自身が語るという形式の本はその当時の私にはとっても新鮮に思えました。それまでの本(といっても童話などですが)に比べて格段の差がありました。それは、第三者が語る作品よりも、ずっと身近に感じることができるという点です。それがまた、その当時から約100年も前の作品であるということを知ったとき、その驚きは数倍にもなりました。初めて本を集めたのは小学校のころで、小学館から出ていたホームズ全集でした(注:著作権関係の問題のためか、「シャーロック・ホームズの事件簿」に収録されている12編については未収録です。他方、贋作といわれている「指名手配の男」は「ねらわれた男」というタイトルで収録されています)。ですからまさかホームズおじさんが薬に手を出しているとは知りませんでした・・・(^^)

小学館ホームズ全集第1巻

小学館 名探偵ホームズ全集1
「まだらのひも」
訳:白木茂
ISBN:4092330014

裏表紙には・・・
『窓の外では、風が吹き荒れ、
雨は激しく窓ガラスをたたいていた。
と、突然おびえたような女の悲鳴・・・。
ロイロット家をおおう謎の事件は、
さらに、広がっていく・・・。』

これが私をホームズファンにして
くれたありがたーい本なのです。

とてもおっちょこちょいだけど、とっても紳士なワトスン。彼のおかげで、イギリス人の言う「紳士」というものは彼のような人々のことを言うのだと思ったものです。そしてホームズ。ホームズに頼めば何とかなる。小さい私の心の中に、これほど頼りになる人物はそれまでいませんでした。どんな小さなことも見落とさないホームズ。他の無機質な「〜殺人事件」という単調な物語に比べ、ロンドンの濃い霧の中に浮かんでは消える不思議な事件や、人里離れた郊外で起こる様々な迷信に満ちた事件。それは、子供でなくてもわくわくする設定ですよね。

そして、何がきっかけかは忘れましたが、高校生になって再びホームズ作品を読みだしたのです。すると、今までとはまた違った側面を発見することができました。昔は魔法のように思っていたホームズおじさんの推理も、実は科学的考察に裏付けされたものだということがわかってきました。

創元推理文庫
「シャーロック・ホームズの事件簿」
訳:深町眞理子
ISBN:4488101097

私が大学生になって買った事件簿。
数ある翻訳本の中でもこの本は二つ
の点で現在最高です。一つはズバリ
深町さんの翻訳のすばらしさ。流れる
ような文体です。二つには、表紙のよ
うに本文+挿し絵が完全ドッキングし
ている点。他の作品も深町さんでお
願いします>創元社様(注:2010年より
「緋色の研究」から順次、深町訳が「新訳版」
として発売開始されています

大学生になった今ではさらに進んで、ホームズ作品がつくられた時代というものにも注目するようになりました。ホームズが生きた(正確にはドイルが生きたですが)時代はイギリスに空前の大帝国を築かせたヴィクトリア女王の時代です。この時代は七つの海を制覇したこともあって国内では冒険ものの小説が飛ぶように売れたと言います。それと同時に搾取と被搾取という身分の差が極端に存在し、ロンドンではイーストエンド(ホームズが住んでいたベイカー街はウェストエンド)と呼ばれる貧困層が住む地帯がたくさんありました。このような暗い側面から推理小説という、ある意味で社会の裏側を描く小説がやはり売れたのでした。

このようなことを知れば知るほど、ホームズに対する愛着がわいていき、こうしてHPまでつくるようになってしまいました。あとは数々のシャーロッキアンの先輩がそうであるように、現地イギリスに行ってホームズが活躍した現場を見に行きたいです。いつになることやら〜。

最後に、ホームズ作品で私が一番好きな言葉を引用したいと思います。

It is an old maxim of mine that when you have excluded the impossible, whatever remains, however improbable, must be the truth.
緑柱石の宝冠

この言葉は今やホームズの信念(maxim)だけでなく、私の信念でもあります。どんな問題に遭遇したときでも、この方法を忘れず対処するのが目標です。


Back