Backlog of GUEST BOOK
〜過去のGuest Book〜
1998.12.1−1999.2.25

[ 前ページへGuest Book ]


心に残るアンケート 投稿者:徳島市 ごまちゃん  投稿日:02月25日(木)19時21分24秒

☆ソア橋……ペアのピストル、欄干のキズ、情熱的な奥様…全部スキ
☆唇のねじれた男……乞食メイク、私もした〜い
☆ノーウッドの建築師……「火事だっ」で、出てくるなよ、オイ。いくじなし。

3つだけ、無理やり選んでみました。あっ、あと、瀕死〜もすきだし、まだら〜は初めて読んだ
お話だ…やっぱり、選ぶのってすごく辛いです。
  


わーお♪ 投稿者:徳島市 ごまちゃん  投稿日:02月23日(火)13時01分00秒

 月末でお仕事が忙しくなるので、お昼に来てみたごまちゃんです!
☆膳部空蔵 さまさま
 ありがとうございます。やっぱり、観ている人っているんですねー!!私もいつも見ている訳で
もなくて、わんこがかわいくって観てたので、11月の時は,もうビックリ!でも、今度から、
ちゃんと気合を入れて観るようにします。また、でてくるかもしれないしね。でも、そういう情報
って、ドコで仕入れてくるんですか?????
 今回の大会も残念ながら、欠席させていただきます。仕事の関係で…。グスン。
でもでも、会社の方にも理解してもらえたので(!)次回の大会にはぜーーーーーーーったい
行かせていただきます。たのしみ。
 
  


フレンチ・コミックのホームズ 投稿者:膳部空蔵  投稿日:02月23日(火)12時29分20秒

じつは「あずきちゃん」が好きな膳部空蔵です。

おかげさまでインフルエンサは軽快に向かっています。

さて、マイナーなホームズパスティシュを発見したのでちょっとご紹介します。
悪評さくさくの「リオ連続殺人事件」もそうですが、非英語圏でもホームズも
ののパロディ/パスティシュは存在しています。今回ご紹介するのはフランス
のコミックの日本語版です。
偕成社刊 名探偵コレクション 各館¥1400−(税別)
第3巻「赤いひる」 ISBN4-03-625030-2
第7巻「アルミニウムの杖」 ISBN4-03-625070-1
第9巻「切り裂きジャック」 ISBN4-03-625090-6
語られざる事件とこの方面での定番的事件を扱ってあるんですが、内容はなか
なかいいですよ。絵の雰囲気がアメコミとは違う上品なタッチだし、話も良く
出来ているし。
実は94年に出たときに「赤いひる」は買ってあったんですが、「こんなマイ
ナーなものが続くわけない」とぜんぜんフォローしていなかったんです。今日、
会社近くの書店の棚に見慣れない大型本があるのを発見してビックリ。その場
で買ってしまいました。
やー、まだまだ修行が足りません。「ノウブリ」ですね。


「夢見る子犬ウィッシュ・ボーン」 投稿者:膳部空蔵  投稿日:02月23日(火)08時56分37秒

「夢見る子犬 ウィッシュ・ボーン」、面白い番組ですよね。
この番組、劇中劇で英米文学の古典をやるんですが、それが
本筋(どっちが本筋なんだろ)のドラマに関連している、と
いう仕立てなんです。で、主人公が子犬のウィッシュ・ボーン。
当然、劇中劇の主要登場人物もワン公のウィッシュ・ボーン
が務めるので、画面が自然と面白くなるのですな。「ジキル
博士とハイド氏」や「オペラ座の怪人」の回は傑作でした。
 この番組では私の知る限り、二回はホームズ物語が扱われ
ています。放映開始のごく初期に、「緋色」か「四つ」(多
分「四つ」です)。11月は「ボヘミアの醜聞」です。
アイリーン・アドラーがちょっとぽっちゃりしていて、例の
名台詞の役「こんばんわ!シャーロック・ホームズ!」という
男っぽい言葉になっていて、驚きました。こっちは頭が3分程
欠けましたが、ビデオに撮れました。(^^)
 ディアストーカにインバネスのウィッシュ・ボーンの勇姿は
オープニングの中にもちらっと出て来ますので、ご覧ください。

 JSHCにも録画された方は少なくないと思います。きっと
反応がありますよ。もうすぐ大会じゃなかったでしたっけ?


ラララ〜♪うれしいな〜♪お返事だ〜♪ 投稿者:徳島市 ごまちゃん  投稿日:02月22日(月)18時49分21秒

 ごまちゃんです。こんにちは。お返事があったので、とっても、ゴキゲンです。
 風邪や、インフルエンザになってしまった方々、大変ですねー。と、言いつつ私も、かれこれ、
1ヶ月くらい、コホコホしています。私の場合、熱も出たし(38〜39℃!)、筋肉や関節も痛くて
すっごく辛かったのに、食欲はすごくありました。カレーとか、焼肉もOK!そのおかげで(?)
1日も休まず会社に来ています。やっぱり、ごはんはしっかりたべないと!!
 「夢見るウイッシュ・ボーン」、どなたか観ていませんか?すごく、気になっています。
わんこが、回想シーンで、ホームズさんになっちゃってるんです。しかも、かなり、正典に
忠実に。ただ、それが何の話だったか、すっかり忘れちゃって…。25歳にして健忘症か???
(まもなく26歳♪)う〜ん、気になって夜も寝られません…(ウソ)
みなさん、私をたすけて〜。



 






インフルエンザ・・・来年は自分か? 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:02月21日(日)20時45分00秒

>膳部空蔵さん
インフルエンザなんですか・・・。お大事に、といっても
しんどいんでしょうね。僕も4年前になりまして、それはもう
高熱で苦しかったです。特に今年は大流行しているようですよね。
早く復活して欲しいものです。待ってますよ!

>徳島市 ごまちゃん
初めまして!JSHCの会員さんですか?宜しくお願いしますね。
「夢見るウイッシュ・ボーン」ですが、1回しか見たことが無くて
お答えすることが出来ません。が、ホームズって所かまわず有名で
すからね、やっぱり頻繁に出てくるんでしょうね。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


ごめんなさい!!!!! 投稿者:徳島市 ごまちゃん  投稿日:02月20日(土)18時44分02秒

わーーーごめんなさい、ごめんなさい。
横になが〜〜〜くなっちゃった!!!!
すみません。


ど〜も!はじめまして 投稿者:徳島市 ごまちゃん  投稿日:02月20日(土)18時41分07秒

 はじめまして。実は会社のPCからこっそり遊びに来ている、ごまちゃんです。これから、来れる限り、遊びに来たいと思いますので、よろしくお願いします。
 去年の暮れ、(11月ごろかな?)NHK教育で、海外ドラマ「夢見るウイッシュ・ボーン」というので、わんこが、SHを演じていました。だれかみてないかな〜?同じ質問をJSHCにも出したので,来月、再来月の通信に出ちゃうかも…。でも、だれかに、聞きたくて…。もう一度みたいので、ビデオ撮ってるすごい人がいたら…うれしいんですケド…


 


ご無沙汰致しました。 投稿者:犬塚  投稿日:02月20日(土)02時16分39秒

>管理人様。
メール、ありがとう御座います。
悪魔の足が、順位、下がってしまうのはなんか哀しいです。
個人的に好きなものですので。

>膳部空蔵さん
「勇将ジェラール」のこと、本当にありがとう御座います。
高校生の時から、ずっと、手にとっては買わずに来たのです。(^-^;)
今度見かけましたら、きっと。ドイルがフランス人を主人公、というのは本当に不思議な
感じがします。

ではまた来ます。




「勇将ジェラール」もの 投稿者:膳部空蔵  投稿日:02月19日(金)12時42分38秒

インフルエンザの膳部空蔵です。
犬塚さん、こんにちは。
>ドイル作の他の作品では、「ロスト・ワールド」
>「霧の国」などは読んだのですが、
>「勇将ジェラール」シリーズ?はまだです。
>読んだ方いらっしゃいますでしょうか?
>どんなお話なのでしょう?
亀レスですいません。ゴホゴホ
「勇将ジェラール」ものは「勇将ジェラールの回想」と
「勇将ジェラールの冒険」の二冊が創元の文庫から出て
います。
 書店の棚に見かけることは少なくなりましたが、まだ
新刊で手に入るはずです。
 お話としては、ナポレオン麾下の軽騎兵旅団の旅団長
ジェラールを主人公にした冒険活劇です。イギリス人の
ドイルがフランス人を主人公にしているのがちょっと面
白いんです。ドイルにしてみれば敵でも味方でも騎士は
騎士なんでしょうね。
 個人的には好きな話ですよ。歴史的にはナポレオンも
ジェラールも負け組なんですが、その負け戦をカッコ良
く戦うのがいいんです。新田義貞や真田幸村の軍記もの
とかロンメル将軍の戦記ものとかのワクワクと同じです。


2/17更新 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:02月17日(水)17時03分51秒

お久しぶりです。
・シャーロックホームズの生活
・心に残る名作アンケート
の二つを更新しました。久々の更新ですが、これからまだありますからお楽しみに。

>ナオ3さん、yumiさん
お気に召していただけましたか(って私が創ったわけではないのに・・・)?
私も英語は分からないのですが、ようは、挿絵付きの正典と画家別の挿絵特集と
その他ホームズに関係のある絵や音楽を網羅しようというページですよね。
現在挿絵を全てダウンロードしようかと考えています(^^;
まだ行っていない方も是非訪ねてみてはいかがでしょうか?

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


私も行ってきました 投稿者:yumi  投稿日:02月14日(日)22時27分40秒

みなさまこんにちは。

>管理人さま
教えて頂いたサイト行ってまいりました。
確かにパーフェクトっぽいですね〜! 
(・・・英語なので実はよく分かってない)
おっしゃるとおり挿絵がすごく豊富で、とても一度には
見切れなかったので、これからしばらく楽しめそうです。
どうもありがとうございました。

>おつたさま、ナオ3さま
「原画大全」について教えて頂いてありがとうございました。
笑える挿絵…ってどんなだろう。興味アリアリ〜。(^o^)
頑張って探してみます。でも90年発行だったらもう普通の
書店には置いていないでしょうね。古本屋さんに行ってみます。

ナオ3さま、下の私の投稿でお名前をひらがな表記にしていま
した。ごめんなさい。以後失礼の無いよう気を付けます。


いってきました 投稿者:ナオ3  投稿日:02月12日(金)23時33分59秒

皆様こんばんは。

>管理人様
さっそくCamden Houseのサイトへ行ってみました。(実は以前も行ったのですが、
英語がわからない私はすぐ戻ってしまった。)
挿絵がまんきつできて、幸せです。こんな所に挿絵があったとは知りませんでした。
ありがとうございました。

>yumiさん
「原画大全」ですが、講談社が1990年に発行した、B5サイズの分厚い本です。
編者はジョン・ベネット・ショー、小林司氏、東山あかね氏です(当時2,000円でした)。
見てると、笑える挿絵もけっこうあります。
ただ、確か日本人の挿絵は少なかった気がします。


挿絵といえば・・・ 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:02月12日(金)18時56分08秒

皆さんこんばんは。

挿絵のことですけど、Camden Houseというサイトが
あるのですが、ここは聖典を中心としたパーフェクトサイトだと思ってい
ます。挿絵ももちろんありますし、挿絵だけのコーナーもあります。
是非皆さん行ってみてください。実ももう有名だったりして・・・。
今度の新コーナーでも挿絵を使おうと考えていますが、挿絵って著作権の方は
どうなっているんでしょうね。もう何十年もたっているし・・・

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


あぁ・・・ 投稿者:おつた  投稿日:02月12日(金)18時03分53秒

文字化けしちゃいました。ごめんなさい。>お題

それから・・・
ホームズ原画大全持ってるんですけど、実家においてきて手元にないです・・・。
ただめっちゃ分厚い本です。確か(役立たずでごめんなさい)


(^^;;崖ム 投稿者:おつた  投稿日:02月12日(金)18時01分35秒

ジェレミーブレッドさまがマイフェアレデイーにご出演というのは結構有名だと思ってましたが、
マイナーだったのですね・・・。管理人殿もご存じなかったところを見ると・・・。
(どうりで、マイヘアレディーのフレッドだって!って友に言っても無駄わけだ・・・)
歌もお上手ですよ。若き日のブレッドさま(うっとり)←恋は盲目
でもでもでもでも、ホームズ役の時のブレッドさまの方が素敵ですけど(笑)


挿し絵って面白い〜 投稿者:yumi  投稿日:02月11日(木)01時36分47秒

みなさま こんばんは。

>膳部空蔵 さま。
べーカー街の雪、ご指摘どおり「緑柱石の宝冠」の冒頭に出て
いました!  すばらしい記憶力ですね! 
ちょっと確認するだけのつもりが、そのまま一話読み終えて
しまいました。

>なお3さま
私も挿し絵眺めるの好きです。
NHKドラマで(私ってこの話題ばっかり ^^;)、確か「入院患者」
だったと思うのですが、冒頭ホームズさんとワトソンさんが散歩から
帰ってくる場面があるんですけど、二人は腕を組んでるんですね。
男同士なのに変なの〜くらいに思っていたのですが、写真誌で
本家パジット氏の挿し絵をみてびっくり!  そこにもちゃんと腕を
組んで歩く両氏が描かれているんですねぇ。
原作に忠実に作られていることが良く分かりました。

それと、「シャーロック・ホームズ原画大全」という本は
どこから出ているのでしょうか?  私も手に入れたいのですが、
よろしければどんな感じの本か教えて頂けませんか?

ブレット氏の「マイ・フェア・レディ」
是非一度ご覧になってくださいね、>なお3さま、管理人さま。
恋にどっぷりつかったホームズ氏(言われなきゃ、とても同一人物には
見えない)、なかなか楽しめますよ。


夜光怪獣、火の地獄船 投稿者:犬塚  投稿日:02月11日(木)01時26分56秒

うおお、懐かしいです。
小学生の時に読みました。(思い出しましたです。)
あの本、なくしてしまいました・・・。
哀しいです・・・。

私はジャック・トレイシー?(だったとおもいます、。)の事典をもっておりますが、
いまだに「積読」状態です・・・。(10年以上経っております。きっと)
がんばります・・・。


知らなかった・・・ 投稿者:ナオ3  投稿日:02月10日(水)23時23分30秒

みなさま、こんばんわ。

>膳部空蔵さん
ありがとうございます。書店で探してみます。(ただ、近くに大きい書店が
ないので、探すのはいつも苦労します。)

>ジェレミー・ブレットが「マイ・フェア・レディ」に・・・
私も知りませんでした。今度チェックしてみなくては。

ところで、ホームズ物語の挿絵の話がでていますね。
挿絵だけ見ていても楽しいものです。
「シャーロック・ホームズ原画大全」という本は、物語にそって
いろんな挿絵を見ることができて、(絵の好きな私にとっては)
とても楽しいです(グラナダTVのカラー写真ものってるし)。
今日、ひさびさに見返してしまいました。


こんばんは 投稿者:膳部空蔵  投稿日:02月10日(水)20時36分28秒

レス付け大好きの、膳部空蔵です。そんなに難読ハンドルだとは
思っていませんでした。

*管理人様、yumiさん、こんばんは

>ベーカー街の雪ですが、確かに聞いたことがありませんね。
>そう言えばべーカー街の雪の描写って…出てきませんね。

降っている雪はありませんが積もっている雪は、「緑柱石の宝冠」
のホールダーがやってくるのは雪の積もったべイカー街じゃなか
ったでしたっけ?(記憶で書いているので自信ないです)

*こともさん、こんばんは

峯太郎本のレスがご参考になれば幸いです。

>山中先生は、ご自分で本を書かれてたので しょうか?(^^;

書いています。「亜細亜の曙」とか「敵中横断三百里」とか戦前の
少年倶楽部に掲載されていた冒険活劇ものですね。今の読者には軍
事色がキツいでしょうが、血沸き肉踊る話です。

>私が唯一持ってるのはそのポプラ社の峯太郎訳の一冊で、 黄色い
>ソフトな表紙の

ポプラ社文庫版ですね。

>(小学校の時に読んだのは、ハードな表紙のモノでしたが・・・)
これには紙のカバーに絵がついているのとハードカバーに直に印刷さ
れているのがあったと思います。絵は後者の方が生き生きしています。

>挿し絵の話がでてますが、このポプラ社の挿し絵、かなりリアルな
>モノでしたよね。

ポプラ社文庫版は複数の画家によって描かれてそれぞれタッチも出来
も違うんです。

*ナオ3さん、こんばんは

当たっていれば、いいのですが。

>がんばって、古本屋で探してみます。

現在では表紙のデザインが変更になった、完訳版が書店にあるのではな
いかと思います。ご参考まで。


マイ・フェア・レディに・・・! 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:02月10日(水)17時01分03秒

>ALL
ここ京都でもかなり雪が降りました。京都って寒いわりに雪は
それほど降らないんですよね。でもあの蒸し暑い夏よりは冬がいいです。
ベーカー街の雪ですが、確かに聞いたことがありませんね。

さて、ジェレミー・ブレットが「マイ・フェア・レディ」に出演
していたとはまったく知りませんでした。早速見てみたいと思います。

僕はちくま文庫の「シャーロック・ホームズ事典」をもってます。
結構面白いですよね、こういうの。

「ロスト・ワールド」が最近映画でやってた「ロスト・ワールド」の
元だったんですか。それを知りませんでした(^^;。その元祖「ロスト
・ワールド」はかなり面白いですよね。あのチャレンジャー教授とジャ
ーナリストのマローン冒険はどことなくホームズものに似ていると思いませんか?

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


そんなことになっていたとは・・・・ 投稿者:ことも  投稿日:02月10日(水)02時09分50秒

 > 膳部空蔵さん、 
随分遅くなりましたが、レス、ありがとうございました。 
山中峯太郎さんのことを書き込みしてよかったです!!
それにしても、そんなことになっていたとは知りませんでした。

>日本にホームズ関連業界で人名で呼ばれる本は「長沼
>本」と「峯太郎本」くらい・・・
なんか、とっても感激です!私もその一部ファンの一人なんですね!

>ノリが講談調というか峯太郎の冒険モノそのまんまなんですよね。
?・・・何も知らなくてすみません・・・
山中先生は、ご自分で本を書かれてたので しょうか?(^^;
         
>訳題がスゴイんですよ。「バスカビル家の魔犬」が
> 「夜光怪獣」!「火の地獄船」「奇人先生の最期」「魔術師ホームズ」

そうそう!!この訳題!なつかしい!!私が最初に読んだのは「夜光怪獣」
でしたから・・・(^^; この訳題のインパクトに惹かれたのです。
この一冊からもう病み付きになりました。

>版元のポプラ社が絶版にしてしまいました。古本で読もうと思って
> も、児童書は消耗品なので市場に出ないので、難しいんです。ああ残念。
本当に残念です・・・ショックです。
私が唯一持ってるのはそのポプラ社の峯太郎訳の一冊で、 黄色いソフトな表紙の
 「鍵と地下鉄 ・ 銀星号事件」です。 大切にしなくちゃ!
        (小学校の時に読んだのは、ハードな表紙のモノでしたが・・・)
挿し絵の話がでてますが、このポプラ社の挿し絵、かなりリアルなモノでしたよね。


管理人さま、ありがとうございました。 投稿者:犬塚  投稿日:02月10日(水)00時48分55秒

管理人様、メールありがとう御座いました。m(_ _)m
やはり、まだらの紐、人気あるのですね。聖典中心に作っていかれるというご姿勢、
すばらしいとおもいました。これからもよろしくお願いいたします。

>yumiさま
家のおやじはブレッド氏より年を取ってしまったため?頭の方がさみしくなってまいりました。
(^×^;)
私も高校生の時に「マイ・フェア・レディ」をはじめてみて、あの青年が、
ホームズ役の方と同一人物と知った時はええ!と思いました。

ドイル作の他の作品では、「ロスト・ワールド」「霧の国」などは読んだのですが、
「勇将ジェラール」シリーズ?はまだです。
読んだ方いらっしゃいますでしょうか?
どんなお話なのでしょう?


百科事典 投稿者:yumi  投稿日:02月09日(火)21時52分13秒

こんにちは。
大阪は先週雪が降るほど寒かった…と思ったら、今週はやけに
暖かくてなんだか変な気分です。
そう言えばべーカー街の雪の描写って…出てきませんね。
(あったりして)

>犬塚さま
お父さまがブレッド氏に似ていらっしゃるなんて、素敵ですね!
つい最近彼が「マイ・フェア・レディ」で好青年フレディ役を
していた事を知り、改めてビデオを見てみたのですが、
う〜ん、若かりし頃の彼にはまったくホームズの面影はありません
でした。でもやっぱりハンサムですよねぇ。

今日、仕事でちょっとブルーになったので、兼ねてより狙っていた
原書房「シャーロック・ホームズ百科事典」3800円也を
えい!買ってやる!と思って本屋に走ったのですが、なんだか
とっても傷んでいて、悩んでいたら美本を取り寄せてもらえる
ことになりました。
数週間かかるそうなんですけど、今からとっても楽しみです。
(気も晴れました ^^;)
どなたかお持ちの方いらっしゃいますか?
聖典から映画・ドラマに至るまで詳しく解説してあって読み応え
ありそうですよね。


それは知りませんでした。 投稿者:マチャコ  投稿日:02月09日(火)16時05分41秒

ドイルは本当は歴史小説を書きたかったんですね。
ホームズさんは嫌われていたんですね〜。
お医者さんは知っていましたが、政界に立候補、元祖「ロスト・ワールド」
を書いていたなんて知りませんでした。

色々あったんですね。ドイルも。


ドイル 投稿者:松下大圭  投稿日:02月08日(月)23時59分29秒

ホームズ関連の掲示板ながら著者のコナン・ドイルの記述以上にジェレミー・ブレットの名前が
多く書かれていますね。

著者は晩年が心霊学者、本当は歴史小説をメインに書きたかったのですが、ホームズが一人歩きし、
それを毛嫌いしていたことは有名です。
元祖「ロスト・ワールド」を書き、あと政界に立候補、軍医として第一次大戦参加、転んだ
マラソン選手を起こしてあげたためにその選手が失格になったなど。。

はっきりいってドイルとホームズは切り離してもちゃんとそれぞれ話題として成り立つみたいですね。


おひさでしたね(^^) 投稿者:マチャコ  投稿日:02月08日(月)12時28分51秒

>お久しぶりです!その後吹奏楽の方はどうでしょうか?

確かに・・・久しぶりでしたね〜。
吹奏楽は、ただいま卒業式に向けて練習中です。〜♪

私も見ましたよ。>2/6の「世界ふしぎ発見」
コナン・ドイルはそういう系統にも興味があったのですね。
知りませんでした。
魔女狩り・・・かわいそうですね。
その時代に生まれてなくて良かったって思いました。


2/7更新 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:02月07日(日)18時25分51秒

心に残る名作アンケート」更新しました。
犬塚さん、mitsuguさん(お待たせいたしました)、ETさん、ponsukeさん
からいただきました。ありがとうございました。遂に「バスカヴィル家の犬」
がトップの座を明け渡しました。その事件とは「まだらの紐」です。やっぱり
ですね。アンケートの方は70人を突破いたしました。すごーい!

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


ヨークシャープディング・・・。^-^::)/ 投稿者:犬塚  投稿日:02月06日(土)02時06分45秒

>管理人様
ありがとう御座います。うれしいです。
上の、ヨークシャープディング・・・ですが、マチャコさんの書き込みを見て、
なんとなく思い出しました。あれは・・・。焼いてあるのでしょうか?蒸しているのでしょうか?
とにかく、グレーヴィーソース?(茶色のソース)がかかっておって、
謎のケーキ風パン?でした。でも、結構好きな自分です。

>膳部空蔵さん
ぜんぶくう・・・とは驚きました。知識も全部食べてしまっておられるのですね。
∠(^-^)
しばらく、ホームズさんから離れてしまっていたのですが、
本当にまた読み返しております。


ありがとうございます。 投稿者:ナオ3  投稿日:02月05日(金)23時24分23秒

>膳部空蔵さん
ありがとうございます!そういえば、確かに
上・中・下と書いてあった気がします。さすがですね。
ただの勤め人ではないですよ、絶対。
しかし、膳部空蔵さんの解説を読ませていただいて、
ますます捨ててしまったことが悔やまれます。
思いでの本だったのに・・・。

がんばって、古本屋で探してみます。


ちょっとお待ちを! 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:02月05日(金)22時00分41秒

こんにちは。

>犬塚さん、mitsuguさん
アンケートメールいただいていますが、もう少しお待ちくださいませ。
必ず掲載させていただきますので、もうしばらく・・・

>膳部空蔵さん
うーん、気がつきませんでした。まさか「ゼンブクウ・・・」とは。
この間ちくま文庫の全集をぱらぱらとみましたが、あれって詳しい
のはありがたいですが、ちょっとスリムじゃないというか、要するに
高いというか、なかなか手が出せません(あっ、言っちゃった)。
みなさんどう思われますか?ページの上が聖典で、下段に注釈や挿絵
がありますよね。

>UNAGIさん
おひさしぶりです。ここが最近にぎわっているということは
結構ホームズファンの方って多いんですね。ただ、ホームズ
ファンだからって何を話せばいいかわからないんでしょうね。
「ミルクと鞭なんかで蛇が飼えるのかな?」とか「呼び鈴が
鳴らないことに気が付かない分けないじゃん!」(笑)なんて
ことを気にし始めるととまらなくなるんですけどね。
これからも宜しくお願いします!

>マチャコさん
お久しぶりです!その後吹奏楽の方はどうでしょうか?
そうなんです。膳部空蔵さんは「ぜんぶくうぞう」さんなのです。

前にも書きましたが、今ホームズ作品に登場する女性についての
ページを書いていますが、何だか、その作品のあらすじ紹介にな
ってしまっています(^^;
次はこれ書こう!とか思うのですけど、なかなか指が進みません。
気長にお待ちくださいませ!

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


ありがとうございます。 投稿者:マチャコ  投稿日:02月05日(金)12時49分13秒

>膳部空蔵さん  
プディングについてよく分かりました。
蒸したり煮たりするんですか?
蒸す・・・のはわかるんですが、煮る!?
ケーキ生地を煮ちゃうんですか・・・?
どうなっちゃうんだろう・・・(?_?)

ところで・・・善部空蔵さんは「ぜんぶくうぞう」というのですか?(^^;)


お尋ねの本は多分 投稿者:膳部空蔵  投稿日:02月02日(火)23時51分38秒

しがない勤め人の膳部空蔵です。

UNAGIさん、こんばんは
本の虫なんて、私風情がいうのはおこがましくて。エヘヘ(^^;
バーンズ&ノーブルはオリジナルのブックバックがちょっとかっこいいんです。
欲しいんですが、買うチャンスがなくて・・・・

ナオ3さん、こんばんは。

お尋ねの本は初版が81年(S56年)に発売された、

偕成社の「シャーロック=ホームズの冒険 上・中・下」
河田智雄訳ではないでしょうか。

ヒントは、三冊ということ。子供のための本を買うのに、全集の一部だけ
お求めになって、そのまま買い足さない、というのは考えづらいので、
三冊で揃いのモノではないかと思われます。そうなると範囲は絞られます。
それからより決定的なのが、パジットの挿絵を使用しているということ。
一体に児童ものでパジットの挿絵を使用しているものは割に少ないのです。
以上の条件にから判断すると、多分、偕成社版河田訳ではないかと思います。
表紙のデザインもかなり特徴あるんですが、残念ながら現物を持っていない
ので、(図書館や古本屋で眺めたことは、あるんですが)、記憶に頼ってい
るので断言できません。

ちくまの詳注版の10巻の書誌をチェックしていて見つけたのですが、
この本は児童向けとしては初めてパジットの挿絵を使用しているのだそう
です。自分の都合だけで本を読むと、目を通すところが限られてしまうので
こういうことは勉強になります。そういう本なら買っといてもいいなあ。


いーんだろーか…… 投稿者:UNAGI  投稿日:02月02日(火)10時34分20秒

>膳部空蔵さま。
……そのお名前もスバラシイですが、
司書さんか本屋さん関係の方なんですか?
それとも本の虫ということでしょーか。

そーいえば、この間アメリカへ行ったときのことですが、
Barnes&Nobleという本屋が(アメリカでは有名なチェーン店
なんでしょうか、初めて行ったのでよくわかりません)
バーゲンやってたのです。そこで、な、な、なんと、
完全版シャーロックホームズが! 10センチ近く
もある厚い本が!   約12ドルで売ってました。
いーんでしょうか。妹に「無駄に重い荷物」と白い目で
見られながら、「読みもしないくせに」と言われながら
スーツケースにつめました。絶対に別便にしたくない
この気持ち、あの子にはわからないのさ……。

>管理人さま。
だんだんににぎわってまいりましたね。
ちょっとの間にいろんな話題が出ているので、
寄り道が楽しみです。みんなすごいなあ。
HPづくり、今後ともがんばってくださいませ!!


うろ覚えですが。 投稿者:ナオ3  投稿日:02月02日(火)01時22分18秒

>膳部空蔵さん
ありがとうございます、考えてくださって。
(そのような読み方をするのですね。すっきりしました。)
なにぶん記憶力がないもので、はっきりしませんが。
1.新書版位の大きさです、多分。文庫より大きいです。
2.表紙の色ですが、赤だったかもしれません。
3.背表紙は・・・白といえば白のような・・・
4.題字は・・・覚えてません。
5.ソフトカバーです。
これでおわかりになりますでしょうか。
表紙のパジェットの絵は、縮小されていくつも(表紙一面に)
書かれていた、という感じだった気がします。伝わりますか?


もっと粘土を、材料を・・ 投稿者:膳部空蔵  投稿日:02月01日(月)08時31分31秒

食いしん坊の膳部空蔵(ぜんぶ・くうぞう)です。
ナオ3さん、おはようございます。
「粘土がなけりゃ煉瓦もできない」ので、お尋ねの本について、確認させてください。
1.本のサイズ 新書版ですか文庫版ですかそれ以上ですか?
2.本の表紙のいろはオレンジ、緑、三冊目はもしかして青ですか赤でしょうか?
3.表紙のにそれぞれ色が着いていたとのことですが、背表紙は白じゃないですか?
4.背表紙の題字は黒ですか?白抜きですか?
5.ソフトカバーですかハードカバーですか?
なんとなく岩波の新書版のジュプナイルなような気がするんですが、自信ないです。

管理人さん、おはようございます。
ちなみに私の手元にDMが来たのは多分、英米の古書店の顧客リストに名前が載って
いたからです。当時、ビートンのクリスマス年鑑などのファクシミリ・コピーつまり
復刻を買おうとして、先方にオリジナル版を探しているものだと誤解されたうえに、
よほどの大金持と思われたらしく、色々なDMが舞い込むようになったのです。
ですから私の「500万や1000万円の工面」とは、親戚中に嘘をついて、危ない
金融に手を出して友達を無くして、するものです。無理算段ともいいます。
でも博物館への出資利益は、当時の支払利息よりもずーっと、よかったらしいんです。
ああ、あさましい。


捨ててしまったようです。 投稿者:ナオ3  投稿日:01月31日(日)23時39分34秒

みなさん、こんにちは。先日「ナオ」で投稿させていただきましたが、他の方と
重複しやすいので、ちょっぴり変えました。
皆さんのお話の中で、翻訳のことが出ていたので、お聞きしたいと思います。
実は、昨年末、部屋の大大掃除をしていて、本の掃除をしていたのですが、
間違えてホームズの本を捨ててしまったようなのです。
その本は、私が小学生位の頃(15年位前でしょうか)、誕生日に母から買って
もらったものです。3冊あって、それぞれ、オレンジ、緑、あと1色は忘れてし
まいましたが、3色別々の表紙でした(パジェットの挿絵がいくつかついてま
した)。何年振りかで手に取ったのですが、後で見ようと思って、その時は
よく見てませんでした。どこの出版社で、誰の訳だったんでしょう。
これだけでは非常にわかりづらいと思いますが、誰か心当たりのある方、よろしく
お願いいたします。


すみません! 投稿者:犬塚  投稿日:01月31日(日)00時09分44秒

以前の投稿で、今年、ロンドンに行ったと書いてしまったのですが、
去年の間違いでした。(--;)もはやかなり呆けてしまったようです。
申し訳ありませんでした。

故ジェレミー・ブレット氏、なんとなくうちの父が日本人のくせに似ているので、
(しかも確か年も同じくらいなのです。若くして亡くなってしまわれたのですね、)
本当にあのシリーズは好きでした。


ありがとう御座いました。m(_ _)m 投稿者:犬塚  投稿日:01月31日(日)00時02分39秒

管理人の方、暖かく迎えて下さいまして、ありがとうございます。
とてもうれしかったです。HPの作り方、いろいろ複雑そうですね。
時間がある時にはがんばって、読みに参ります。m(_ _)m

>膳部空蔵さん
ありがとう御座います。90年だったのですね、博物館。
最初に行ったのは、たしか、88年でしたので、当時はまだなかったという事で、
見落としていなかった事が分かり、一人で喜んでおります。
去年の春に再びロンドンに行って、見てまいりましたのですが、
最上階のトイレ?(青い模様の陶器製)を妙に熱心に眺めて来ました・・・。
あれが、ヴィクトリア朝のトイレ?なのでしょうか???

>UNAGIさん、YUMIさん、松下さん
ありがとう御座います。よろしくお願いいたします。

私は全集でもっておるのは、プレジデント社発売パシフィカというところの、
全集のみなのですが、(他は新潮文庫と、早川などばらならなのです)
皆様の書き込みを拝見致しておりますと、訳によって、いろいろ違っておりますようで、
読み直さねばなあ、と一人思いました。


次はいつになることやら・・・ 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月30日(土)23時39分36秒

ホームページを作っているHTMLという言語にですね、最近
バージョン4.0ができたのですが、これがまたやっかいな、
というか実は嬉しいのですがスタイルシート(CSS)という
ものを生み出しまして、このホームページもそれに合わせよ
うかなあなんて思っています。今作っているのはホームズ作
品に出てくる女性たちについてのページなんですが、このペ
ージからCSSなどを導入しようかなぁ、なんて考えています。
そうすると一番影響が出るのは行間です。ネットスケープっ
て行間詰まってますよね。これを何とか解消したいと思って
いたので、CSSはまさにうってつけかと思うんです。

>松下さん
一口紹介を褒めていただいて嬉しいです(*^^*)。たわいもない
フレーズですが、ちょっぴりミステリアスにしたつもりなんですけど。
ホームズ作品はこれができるんでいいですよね。でも60作品全部とな
ると僕の才能のなさが知れてしまいそうなので遠慮しまーす・・・(^^;
「ボール箱」は当時でも敬遠されていたみたいですよね。なんせ耳を・・・
っとこれ以上言うとどこかの危ない掲示板みたいになってしまうので
控えさせてもらいます。

>膳部空蔵 さん(←実は読み方わかりません)
やっぱりすごい!さすがネット上に寝そべってるだけありますよね(笑)
1990年ときくとなんだか新しい感じがしますよね。もっと早くできても
おかしくないようなものなんですけどね。それにしてもですよ、DMがく
るなんて一体何者なんですか?!しかも500万や1000万が工面したらでき
るなんて・・・。名前の読み方教えてください(^^;

>yumiさん
早速のカキコありがとうございます!アンケートの投票数が
404票を越えたのもyumiさんの27件があったからです(^^)/
僕も今まで何度も挑戦しましたが全話録画は達成していません。
いつも大相撲中継や地方局制作の特別番組でつぶされています。
でも再放送は確実にあるでしょう。それがいつになることやら
(←これがタイトルです)。まあ気長に待ちましょう。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


こんにちは 投稿者:yumi  投稿日:01月30日(土)21時42分06秒

管理人様、ご丁寧なメールありがとうございました。
ホームズものは大好きなので、ついつい27件も選んでしまい、
後で、これではせっかくのアンケートのお役に立たないのでは…と
後悔してましたので、とても嬉しかったです。

さて、ホームズ博物館ですが、私も一昨年行ってきました。
ベーカー駅を出たところで、そこのホームズの営業?さんに一緒に
写真を撮ってもらい、気に入って今でも部屋に飾っています。
背がとても高くて、それなりに雰囲気を持ったホームズさんでした。
(にやけ顔がちょっと気になる)
でも、本当に私のイメージにぴったり!!なのはNHK放送・
グラナダTVのジェレミー・ブレッド氏です。もう素敵〜!完璧〜!
ワトソン先生も頼り甲斐があって最高だし!
悔しいことに、録画し損ねたのが数話あるんですよね…。
再放送しないかなぁ。

それでは皆様、今後ともよろしくお仲間に入れてくださいね。


こんにちは 投稿者:yumi  投稿日:01月30日(土)21時42分06秒

管理人様、ご丁寧なメールありがとうございました。
ホームズものは大好きなので、ついつい27件も選んでしまい、
後で、これではせっかくのアンケートのお役に立たないのでは…と
後悔してましたので、とても嬉しかったです。

さて、ホームズ博物館ですが、私も一昨年行ってきました。
ベーカー駅を出たところで、そこのホームズの営業?さんに一緒に
写真を撮ってもらい、気に入って今でも部屋に飾っています。
背がとても高くて、それなりに雰囲気を持ったホームズさんでした。
(にやけ顔がちょっと気になる)
でも、本当に私のイメージにぴったり!!なのはNHK放送・
グラナダTVのジェレミー・ブレッド氏です。もう素敵〜!完璧〜!
ワトソン先生も頼り甲斐があって最高だし!
悔しいことに、録画し損ねたのが数話あるんですよね…。
再放送しないかなぁ。

それでは皆様、今後ともよろしくお仲間に入れてくださいね。


シャーロック・ホームズ博物館 投稿者:膳部空蔵  投稿日:01月30日(土)08時13分49秒

ネット上に寝そべる、膳部空蔵です。
犬塚さん、おはようございます。
ロンドンのシャーロック・ホームズ博物館が開館したのは、
1990年の3月です。本や資料によっては20日となって
いるそうですが、それがグランド・オープニングなのか、
スニーク・プレビューなのか、プレス・プレビューかは、
ちょっと判りません。
たしか88年の暮れくらいに、博物館に出資しないか、
というDMをもらって仰天し嘆息した覚えがあります。
たしか当時の邦貨で500万か1000万くらいでしたか、
いまの成功?をみれば工面して出資しておけば良かった
とも思ったことがありますが、その後、経営者がその出資
に関するトラブルで収監されたりしたのを考えるとやめて良
かったのかも知れません。
なお博物館内に料飲施設ができたのは、もっと後、96年か
97年くらいじゃないかと思います。為念。


著者 投稿者:松下大圭  投稿日:01月30日(土)02時00分46秒

だいぶ前にコナン・ドイルの自伝を読みました。
本人の語りかけを聞いているようで面白かったのですが、「シャーロック・ホームズ」については
あの300ページほどの本でありながら一,二行しか記述がありませんでした。

どうも本当に嫌っていたみたいですね。


集計結果 投稿者:松下大圭  投稿日:01月30日(土)01時49分25秒

久々集計結果見たのですが、kouchanの一口紹介いいですね。ちゃんとポイントつかんだフレーズですよ。是非とも60作全部ほしい。
ボール箱に一票も入っていないのは意外ですね。
小学生版読んだ時に挿絵(ボートでの殺害シーン)があまりにも不気味で怖かった記憶があります。


1/29更新 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月29日(金)16時42分00秒

アンケートを送ってくださった皆さん、お待たせしました。
<ul>
<li>心に残る名作アンケート
yumiさん、yukariさん、キイスミアキさんからいただきました。 ありがとうございます!なんとこれで404票にもなりました! <li>リンク アンケートにも参加いただいたキイスミアキさんのホームページを追加しました。 ホームズ本の紹介が中心です。パスティッシュの予定もあるそうです! >おつたさん おひさしぶりです。ホームズ作品の訳については個々の差もあるで しょうね。僕はどちらかというとワトソンのことを「ワトスン君」と くん付けで訳している作品は嫌い(←深い意味なし)です。できるこ となら原文で読みたいのですが・・・ >犬塚さん はじめまして。ようこそ“A Sherlockian's SITE”へ。と威勢良く 言ったものの、お尋ねのシャーロック・ホームズ博物館がいつできたか という問いには答えられないのでした(^^;;。ネット上にうごめく(笑) シャーロッキアンの方々フォローをお願いします! >UNAGIさん お久しぶりですね。UNAGIさんもイギリスへ・・・うらやましいなぁ。 ホームズが客引き・・・見たくない光景ですよね(笑) やっぱりそうですか。イギリス料理は「まずい」とよくききますが、 そんなことないんですよね。ポワロ(←この人はベルギー人です) 作品では、ポワロがよくイギリスの料理にけちを付けますが・・・。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


むむむ…… 投稿者:UNAGI  投稿日:01月28日(木)16時35分08秒

ひさしぶりの寄り道で、犬塚さんの投稿見て
いつなんだっけ、とハタと考えました。
1992年の3月に行ったとき(はじめてのイギリス訪問)
には、あったように思うのですが、どうでしょう。
そのときは友人たちに1週間遅れで合流した旅で、
わたしは行けなかったのではないかと思うのです。
友人が「ホームズに名刺をもらった」と自慢されたよーな……。
自分の記憶も実にアヤフヤ。すみません。
1994年5月のイギリス旅行では、ベーカー街訪問を果たしましたので
これは確実です。
駅前でわたしのあこがれるイメージと違う(^^;)ホームズもどきが
ウロウロ客引きしていて、ちょっぴりショックだったのを覚えています。

ああ、プディング、あこがれです……読んでたら
胃が鳴ってしまいました。
そうさ、イギリス料理はぜったいにまずくなんかない!
わたしの胃袋はいつでもOKです。
……どうでもいいつぶやきをだらだら書きまして、すみません。

先日から、ドイルの別の短編集の復習をしているUNAGIでした。











すみません。m(_ _)m 投稿者:犬塚  投稿日:01月28日(木)02時38分06秒

初めてやってきまして、いきなりで大変失礼とは分かっておりますのですが、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、
教えて下さい。お願いいたします。m(_ _)m

ベーカー街の博物館が出来たのはいつなのでしょうか?
10年前にういういしかった?頃には気が付かず、
今年、行って、気が付いたしだいでして・・・。
ハドソン夫人のレストラン?の上でした・・・。


はじめまして!m(_ _)m 投稿者:犬塚  投稿日:01月28日(木)02時25分16秒

検索でたどり着いたものです。はじめまして。
221bに2度、行ってしまったのに、いまだに初心者マーク?の者ですが、
小学生の頃から、20年?ファンやっております。
意見などは言えないもので御座いますが、読ませていただきたく、
よろしくお願いいたします。


お久しぶりです 投稿者:おつた  投稿日:01月27日(水)23時08分33秒

唐突ですが・・・・過去の書き込みを見て、私も一言言いたくなったので(笑)

翻訳について
私は延原謙さんの訳が大大大好きです!他の訳だとなんか背中がむずむずするんです。
ちなみに、今の延原謙さんの息子さんが改訂なさった訳の方は、
現代的で読み易いんでしょうけど、私は昔の方が断然いいと思うなあ・・・

ホームズ対ルバンについて
同じ意見の方がいらして、とっても嬉しいです!
ホームズが、ルパンごときに(ルパンファンの方ごめんなさい)負けるわけないんですよね〜!

ロンドン旅行について
私の友達で、一緒に卒業旅行行った人はルパンファンだったんです。
それで、ロンドン・ローマ・パリ魅惑の10日間ツアー(安ツアーっぽい名前だ)に行ったとき
は、ロンドンは私の好きなところに行く!パリは友達の言うなりに行く!ローマはどうでもいい(笑)
って感じでした。
今度ロンドンに行くときには、ホームズファンの方と行きたいなあ・・・


こんばんは。 投稿者:キイスミアキ  投稿日:01月25日(月)00時25分13秒

all>
 はじめまして。僕も、ホームズのファンでここにやってきました。
よろしくお願いします。

kokuchan>
 こんばんは。是非、リンクをはらせて頂きたいのですがいいでしょうか?
僕のページも本の紹介なんかをしている、ホームズのサイトです。一度来てみてください。

 ではでは。またお邪魔しますね。

(半袖半ズボンって響きがおかしくないですか?(笑)妙に笑顔になりました。)

http://www.twin.ne.jp/~cue/holmes/


プディングと峯太郎本 投稿者:膳部空蔵  投稿日:01月24日(日)21時03分58秒

英国料理は結構おいしいと思う、膳部空蔵です。

マチャコさん、こんにちは。

>プディング型に入れて焼く・・・プディング型とはいったい!?

植木鉢みたいな陶製の鉢です。もちろん、底の穴なんかありません。
サイズは色々あります。小さいのはいわゆるカスタードプリンのサイズから
砂場のバケツまで。
大きなデパートやウィリアム・ソノマのショップみたいなとこに売っています。
でも、深目の耐熱の皿やケーキ型なんかで代用できますよ。アルミ製のいわゆ
るプリン型でも、調理法によっては大丈夫です。「焼く」とおっしゃるのが気
になりますが、プディングは煮るか蒸すかするものですから、大丈夫だとは思
うんですが。

>ホームズさんもプディングをワトソンと一緒に食べてたのでしょうかねぇ〜

当時では現在以上にポピュラーなものだったようですから、もちろん食べた
でしょうね。特にワトソン博士は好きなんじゃないかしらん。

こともさん、こんにちは

>私が小学校時代読んでたホームズシリーズの翻訳者は、
>山中峯太郎(字、あってるかな?)さんでした。

字、合ってます。お読みになったのは現在では「峯太郎本」として、ごく一部
にファンもいる本です。日本にホームズ関連業界で人名で呼ばれる本は「長沼
本」と「峯太郎本」くらいでしょう。

>結構、古臭い翻訳で、それがまたよかったです。

ノリが講談調というか峯太郎の冒険モノそのまんまなんですよね。リズムが良
くて、楽しい本でした。訳題がスゴイんですよ。「バスカビル家の魔犬」が
「夜光怪獣」!「火の地獄船」「奇人先生の最期」「魔術師ホームズ」に至っ
てはなんのこっちゃ、ですね。でも、子供の頃の私もワクワクして読みました。
しかし翻訳がジュプナイルという点を割引しても原作から離れすぎているとい
う欠点を、この業界の大物の小林・東山が著作「SH解読百科」で大変に叩い
たもんで、版元のポプラ社が絶版にしてしまいました。古本で読もうと思って
も、児童書は消耗品なので市場に出ないので、難しいんです。ああ残念。


イギリスのお菓子について♪ 投稿者:マチャコ  投稿日:01月23日(土)12時51分35秒

イギリスの本がたくさん出版されていますが、
イギリスの食べ物についての本をこないだ読んだんですよ。
そしたら・・・プディングって言うお菓子があったんです。
材料はかいてあったので作ろうと思えば作れるんですが、
プディング型に入れて焼く・・・プディング型とはいったい!?
ホームズさんもプディングをワトソンと一緒に食べてたのでしょうかねぇ〜
食べてみたいですね。
でも型がどういう型か分からないです〜。
知っている人いたら教えてください。


翻訳者・・・ 投稿者:ことも  投稿日:01月23日(土)04時27分01秒

私が小学校時代読んでたホームズシリーズの翻訳者は、
山中峯太郎(字、あってるかな?)さんでした。
結構、古臭い翻訳で、それがまたよかったです。
「果たして、○○○だった。」とか、小学生の私には意味がわからず、
母親に教えてもらったものです。

別の翻訳者の人のを読んでもなんかピンとこなくて困りました。(^^;

なんか、山中さんの翻訳にこだわってしまっている、こともでした。


半袖半ズボン(^^;; 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月21日(木)16時41分40秒

>松下さん、ぽぽろんさん
そうなんですよ。あの最後のシーンが大事だったのに・・・
わざわざ台詞を書いた紙を封筒に包んで用意した書箱に潜ませたのになあ。
ちなみにそのときの服装は半袖半ズボンでした(^^;

>jonesさん
早速のご回答ありがとうございます!jonesさん以外にもいろいろ返事を
頂いて感激しました。そうですよね。「ブルドックの子犬」で何ら問題な
いですよね。ご質問なさった方は「産業翻訳」をお仕事にされているので、
こういった小説の訳には大変苦労が多いそうです。
さらにNYARさん(以前アンケートにお答えいただいた方(No.22)です)によりますと、
19世紀にプルパップのライフルは無いそうです。

皆さんありがとうございました。

>なおさん
初めまして!管理人です。
> どれにしようか迷った末、ここに辿り着きました(笑)
ありがとうございますm(_ _)m。すっごくうれしいです(*^^*)
ホームズを読んでいらっしゃるようで、とってもいいことです(^^)
そうですよね。事件よりも二人の会話のシーンが一番面白いですよね。
どことなく暖かくて、ベーカー街の二人の部屋の暖炉のイメージがします。
これからも宜しくお願いします!

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


初めまして♪ 投稿者:なお  投稿日:01月20日(水)23時50分05秒

皆さま、初めまして♪
ホームズさんのホームページを捜してみると、
意外とたくさんあって・・・どれにしようか迷った末、
ここに辿り着きました(笑)よろしくです。
現在、新潮文庫のシャーロック・ホームズの冒険を読んでいます。
ホームズさんとワトスン君のトークが最高に好き!(笑)
やっぱり、いいですね。ホームズさん。紳士だし♪
では、また来ますね。おやすみなさい。


投稿者名間違えました! 投稿者:jones  投稿日:01月20日(水)22時16分14秒

すいません!
名前を間違えてしまいました。
jonesです。


ブルドックの小犬について 投稿者:よし  投稿日:01月20日(水)22時14分11秒

kouchanさん

小学校で第二の汚点の劇ですか。
ずいぶん昔からのシャーロッキアンですね。

ところで、先日送られてきた更新情報のメールに、原文の
“Bull pup”の訳として「ブルドックの子犬」というのが正しいかどうか、
という意見があった、と載せられていましたが、その件については
しばらく前に話題になったトムスンの「友情の研究」の中に答えがあるのでは
ないかと思います。
それによると「ブルドックの小犬を飼う」とはイギリスの俗語で
「短気を起こす」という意味もあるそうですが、大部分の研究家は小犬は
実在したと考えている、と述べられていました。(73ページ参照)

ですから、「ブルドックの小犬」という訳は正しいのではないかと私は思います。
もしかしたら、「ブルパップというライフルを1丁持っている」と考えている
研究家もいるのかもしれませんが。


もろもろ 投稿者:ぽぽろん  投稿日:01月20日(水)16時30分16秒

>kouchanさん
10分で誰にでも分かるようにするのは、難しそうですねえ。
でも、面白そう..
やっぱりホームズ役は、パイプをくわえて、マントをはおって、帽子をかぶってでしょうか?

>こともさん
私も、ホームズに恋心を抱いてます!
でも、クールなホームズは、たとえ好きになっても、表には出さないような..
気がします。


第二の汚点 投稿者:松下大圭  投稿日:01月19日(火)23時28分21秒

あの話もやはり最後が好きです。
すべてはホームズの最後の言葉「私たちにも外交上の秘密がありましてね。」に集約される話でしょう。
犯人をかばう部分がエッセンスですね。寸劇でここを逃すと味わいが薄くなるでしょう。
紛失した物を外交文書から寸劇でわかりやすいよう、パンダのぬいぐるみに置き換えてもこのエッセンス
を強調すれば面白いかもしれませんね。小学生時代の私には当然このような演出はできませんが(今も確証なし)。

話の筋や心のいきさつだけを抽出すればなにか別なストーリーが成り立つ、ホームズ物の良さかもしれません。


第二の汚点 投稿者:松下大圭  投稿日:01月19日(火)23時26分22秒

あの話もやはり最後が好きです。
すべてはホームズの最後の言葉「私たちにも外交上の秘密がありましてね。」に集約される話でしょう。
犯人をかばう部分がエッセンスですね。寸劇でここを逃すと味わいが薄くなるでしょう。
紛失した物を外交文書から寸劇でわかりやすいよう、パンダのぬいぐるみに置き換えてもこのエッセンス
を強調すれば面白いかもしれませんね。小学生時代の私にはこのような演出はできませんが。

話の筋や心のいきさつだけを抽出すればなにか別なストーリーが成り立つ、ホームズ物の良さかもしれません。


あっ! 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月19日(火)22時49分14秒

間違えました!
「海軍条約文書事件」ではなくて「第二の汚点」でした!
ぽぽろんさん、松下さんごめんなさいm(_ _)m

で、何で間違えたかというと「海軍条約文書事件」も「第二の汚点」も
最後の場面がやや似ていたからです。ああ情けない・・・

最後の場面をやりたくて実行したわけですが、これがまた残念な結果でした。
なんせ小学校のパーティで、しかも時間もない。じっくり内容もできないまま
最後の文書箱へとシーンは写ります。しかしながら文書箱から書類が出てきた
ときの驚きが伝わりませんでした。まるで「始めから文書箱を探せばいいのに」
といった雰囲気になったのです。「だから、ホームズが後から入れたんだって!」
と心で叫びながらあえなく終わってしまいました。うぅぅ・・・

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


海軍条約文書事件 投稿者:松下大圭  投稿日:01月19日(火)00時38分47秒

海軍条約文書事件の寸劇、面白そうですね。
最後のシーン、パーシー・フェルプスとの朝食会、どのように演出しましたか?
確かハドソン夫人の運んできた料理、カレーチキン(チキンカレー?)と条約文書盛りだったと思
いますが。あの時のホームズのドラマチックないたずらが好きで好きで。私のいたずら好きにも多
大な影響を与え。。


ずばり 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月18日(月)18時33分18秒

「海軍条約文書事件」です。>ぽぽろんさん
ちなみに私は小学生でした(^^;
でもクラスのパーティでそれぞれ出し物をしようというので、
僕はその当時はやっていた手品よりも、劇をしようと思って、
「海軍条約文書事件」をかってに脚本化(すっごく大げさな表現)
して、劇をしました。しかし・・・
与えられた時間はわずか10分、それはもう嵐のような展開でした(笑)。
多分内容を理解していたのは僕ぐらいでしょう。
もちろん僕がホームズです(^^)/

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


ホームズ劇 投稿者:ぽぽろん  投稿日:01月18日(月)16時00分10秒

>kouchanさん
ホームズ作品の劇..
いいなあ。私も参加したかったなあ。
ちなみに、どの作品を劇にしたのですか?

まだドイルが生きているのに、ルパンの話が出てたんですか..!
唖然呆然です。


1/17更新 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月17日(日)13時41分06秒

久々アンケートの更新です。
・心に残る名作アンケート
  ↓の ことも さんから頂いた「四つの署名」とteaさんから頂いた 
  3作品をアップしました。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


四つの署名 投稿者:ことも  投稿日:01月15日(金)01時16分11秒

管理人さん、みなさま、お久し振りです。

私と同じように、ホームズに恋心を抱いていた人がいて、うれしいです。
ホームズのようなクールで、頭が良くて、強くて・・・っていう人に
自分を好きにならせてみたい?!(なんかうまく表現できない(^^;)っていうのか??
またお互い好きになれた暁には、一体、どんな ろまんちっく なシーンが待っているのか??
うーー・・ん・・・  考えると胸がドキドキして眠れない(^^;

ちなみに、ウチのダンナは、どちらかといえば、ワトソン 寄りかもしれない!(体型とか(^^;)
でも、大好きな機械やパソコンをいじっている時は、ホームズをおもわせる時があります。
そういう時は、ドキっとしますね。
新婚旅行でロンドンへ行けたのは、ダンナも同性として、ホームズに憧れていたからで。
本当によかったです。

ところで、私のお気に入りは、「四つの署名」です。
最後にワトソンが結婚してしまう・・・。
ストーリーも面白かったけど、ワトソンが結婚したことが本当にうれしかった。
自分が本当にそのストーリーの中にいるかのように祝福してたのです。
ホームズを読んでる時だけは、当時のイギリスに居る錯覚に陥ったものです。

あ、長くなってすみませんでした。(^_^)


「ルパン」の中の「ホームズ」 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月13日(水)18時36分27秒

マグワイアの70号ボールが3億円だそうですよ。信じられない・・・

>ぽぽろんさん
そうです。僕の学校でも「ホームズ派」と「ルパン派」に分かれていました。
僕はもちろん「ホームズ派」でした。ホームズ作品の劇も演出しました(笑)。
それにしても、「ルパン」そのものは面白いのですが、その中にホームズが出
てくること自体、信じられませんでした。まだお互いの作者が存命中という時
代にです。で、「奇岩城」とか「ルパン対ホームズ」なんかの作品の中のホー
ムズは最悪です。ルパンにまんまと騙されるし、体は縛られるし、よんでいて
戸惑いを感じたものです。もちろんホームズの生みの親、ドイルも激怒してい
たみたいです。

>よりよりさん
はじめまして。「バスカヴィル家の犬」を最初に読むとはなかなか運がいいで
すね。アンケートでもおっしゃるとおり1位をキープしています。ドイル自身
はあまり上位にランクしていないみたいですが。よりよりさんも是非投票して
みてください!
これからもどうぞ宜しくお願いします。

昨日本屋さんで以前膳部空蔵が紹介してくださった「リオデジャネイロ殺人事
件」、「クリスマスの依頼人」をみました。「リオ」は表紙がひょうきんなわ
りに活字は結構丁寧でした。内容は・・・(^^;。「クリスマス」の方はたくさ
んのパスティーシュで構成されていますが、雰囲気としては「モリアーティ」
なんかが関係していたりして結構楽しめるのでは、と思います。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


はじめまして 投稿者:よりより  投稿日:01月12日(火)16時47分20秒

はじめまして。ホームズファンのよりよりです。初めてこのページに来たんですがすごく面白いで
すね。私は小学生のときに、「バスカビル家の犬」でホームズと出会いました。外国の作品をはじ
めて読んだ私は、その話の意外な展開にただただ驚かされた覚えがあります。それをきっかけに、
ホームズ作品にはまるようになりました。今でも、ホームズ作品で一番好きなのは?と聞かれたら
「バスカビル家の犬」を挙げてしまいます。あの時の印象が強くて。アンケートの集計を見たんで
すが、1位が「バスカビル」でしたね。すごくうれしいです。ちなみに、短編で好きなのは「まだ
らの紐」です。これも上位に入ってますね。やっぱりいい作品は誰が読んでもいいんでしょう。
ということで、また遊びにきますね!さようなら。


昔話 投稿者:ぽぽろん  投稿日:01月11日(月)17時27分13秒

>kouchanさんへ。
すっかり、返事が遅くなり、失礼しました。
年末に旅行に行っておりました。
そうなんです。子供向けのホームズは、コカインもやらないし、食事は3人前食べる。。
となっていたんです!
本物は、事件にかかわると、ろくに物を食べないなんて..
そういえば、子供のころって、ホームズ派とルパン派に分かれませんでしたか?
ルパン3世は好きだけど、ルパンの話の情けないホームズに、憤慨した記憶があります。
それでは、今年も寄らせてください。
よろしくお願いします。


1/10更新 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月10日(日)16時02分52秒

最近の「更新」は皆さんのおかげで成り立っています。
管理人としては、皆さんに頼りっぱなしで感謝感謝です。
でも自分でもっと更新しないと・・・
というわけで今回の更新は
・ホームズ情報
  膳部空蔵さんからの情報です。いつもありがとうございますm(_ _)m
・GUEST BOOKの過去ログ
  かなり重いです。100件分です。皆さんありがとうございます!

>松下さん
こちらこそ宜しくお願いいたします。
私がロンドンへ行くときは是非ともアドバイスしてくださいね。
もし行ったら、現地からのライブ中継とかできたら面白いかも
しれませんね(密かに考えていたりして)。

>膳部空蔵 さん
今年も宜しくお願いいたします。
早速「ホームズ情報」でお世話になってありがとうございます!
ぼくも1/6がホームズの誕生日ということはきいていましたけど、
やっぱり日本ではいまいちですね。ロンドンでは毎年パーティが
あるとか。今年はどうだったのかは知りませんが、ヤードの方もい
たりしておもしろそうですよね。

>UNAGIさん
今年も宜しくお願いします。
やっぱり女性にとって、ホームズって理想なんですか(UNAGIさんが
女性であるとの前提での質問です)?ホームズが女性とにっこりして
いる場面ってとても想像できませんが、UNAGIさんも相当タフでないと
ついていけないかもしれませんね(笑)。

>ナオさん
はじめまして。宜しくお願いいたします。
あ、あなたもロンドンへ・・・。やっぱり一緒に行く友人が問題
ですよね。ホームズに興味がないと、聖地巡礼ができませんから
ねぇ。うーん、やっぱりそこも重要ですね。同じ趣味の人を見つ
けるのって難しいですからね。

今後とも宜しくお願いいたします!

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


はじめまして。 投稿者:ナオ  投稿日:01月10日(日)00時44分33秒

はじめまして。初めてここに来ました。
私は、多分みんながそうであるように、小学生の時からホームズを慕ってきました。
去年、長年の夢がかない、ロンドンへ行くことができました。
シャーロック・ホームズ・ミュージアムで買い物をしたら、通販のカタログを
もらったので、徐々にアイテムを増やしていこうと思ってます。
ただ、一緒に行く友人がまったくホームズに興味のない人だったため、
ゆっくり見て回ることができませんでした。
同行者はやはり同じ趣味の人でないと、つらいですね。

今後ともよろしくお願いいたします。


おめでとうおめでとうです。 投稿者:UNAGI  投稿日:01月07日(木)12時09分44秒

ああ、やっぱりそうですよねー。
ホームズは理想の男性なんですよねー。
そいでもってホームズものの影響で、
ロンドン&イギリスがすごーくすごーく
憧れの街になるんですよねー。
求龍堂の「NHKテレビ版シャーロック・ホームズ」の中に、
ジェレミー・ブレットは、多くの女性にとってホームズが
セックスシンボルであると知らされて驚いた、というようなことが書いてあったと
思うんですが、いちいちうなずいちゃいますよねえ。
たとえジェレミー自身が「友人に持ちたくないタイプ」と考えていても。
ちなみに。
未婚の私はまだまだまだまだホームズ先生に恋してます(笑)。

管理人様ならびに皆様。
楽しみに寄りますので、今年もどうぞよろしくお願いします。


誕生日(多分)おめでとう! 投稿者:膳部空蔵  投稿日:01月07日(木)08時34分25秒

今年の目標は、ガードナーの「犯罪王モリアーティの帰還」と「〜の復讐」
の古本掘り出し!の膳部空蔵です。
昨日はホームズ氏の誕生日でしたが、皆様如何がお過ごしでしたでしょうか。
大阪の「パブ SH」や那覇の「ラウンジ(だったかな)SH」ではお誕生日
のささやかなイベントが行われたと聞いています。東京の「ホームズ・バー」
は、なんにもなし。銀座の「アイリン・アドラー」に至っては年始休業中!とか。
私は、なけなしのラフロイグをホワイトロックで割ったので、乾杯しました。
今年もよろしくお願いします。


万歳三唱 投稿者:松下大圭  投稿日:01月07日(木)00時14分43秒

今年もよろしくお願いします。

Kouchanにロンドン訪れるチャンスが巡ってきたら、ネット上で「万歳三唱」をお送りします。


今年もよろしくお願いします。 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:01月06日(水)16時58分32秒

どうも。年末年始全くHPの世話をしなかった管理人です(^^;;
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

>jonesさん
そうでしょう。「NHK版 シャーロック・ホームズの冒険」
はいいですよ。買う価値は十分ありますよね。Holmesさんが
アーミールックですかぁ。その謎解きはしてくれるのでしょうか>Holmesさん

>こともさん
はじめまして!ぼくがこのHPを始めたきっかけはやっぱり小学校の頃読んだホームズおじさんを
今改めて読んでみてまたやっぱり新鮮だったことです。くわしくは「ホームズへの招待」
をご覧ください。さてさて、そして何と言っても聖地への旅行はうらやましい限りです。
さらに新婚旅行で・・・いいなぁ。こともさんの人生のパートナーはやっぱり
ホームズみたいな人なんですかぁ?それともワトスン(笑)?
これからもよろしくお願いします!

>おつたさん
こちらこそよろしくお願いします。皆さん卒業旅行は複数人で
いらっしゃったんでしょうか。そのみんながホームズファンなら
スムーズに旅行できていいでしょうね。僕も是非行きたいですよ
・・・ロンドン(うっとり)(^^)

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


謹賀新年 投稿者:おつた  投稿日:01月05日(火)18時44分36秒

新年あけましておめでとうございます。
本年もなにとぞよろしくお願い申しあげます。

こともさんの書き込みを見て、ああ、同じ気持ちの方がいらっしゃるなあと思いました。
私は恋しているかどうかはわかりませんけど。でも憧れはすごくありますね。確かに。
私も卒業旅行でロンドンに行きましたが、もう心臓がばくばくで大変でした。(苦笑)
また行きたいなあ・・・ロンドン(うっとり)


幼い頃の自分に戻って 投稿者:ことも  投稿日:01月02日(土)23時06分49秒

はじめまして。こともと申します。
お正月に実家に帰って、妹のパソコンからアクセスしてやってきました。
こちらのHPに来て、小学校の頃の自分に戻りました。
ホームズが大好きでいっぱいいっぱい本を読みました。
そしたら、知らないうちにホームズに「恋」をしてました。
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
頭がよくて、冷静で、無愛想だけど紳士的で、強くて、大好きでした。(大好きです!)
何度夢でホームズとお近づきになってる自分を見たことか、、、
好きで好きで好きで、おっきくなったら絶対にイギリスへ行くぞ!って目標をたてました。

そして、大学の卒業旅行で見事目標を達成。
シャーロック・ホームズパブや、べーカーストリートと思う存分練り歩きました。
それから8年後、新婚旅行でまた、ロンドンに行きました。そしたら、こちらでも紹介されてたように、新しいスポット,シャーロック・ホームズミュージアム、お向かいにスーべニアショップが出来てました。もう、ウハウハで!!!再び来てよかったと思いました。

長くなってすみません。
私にとって、ホームズは、永遠のあこがれの人です。

また、こちらに時々、立ち寄らせてください。よろしくおねがいします。


はじめまして 投稿者:BowSpirit  投稿日:01月02日(土)15時42分52秒

 正月のひまな時間、ぼーっと「犯人は二人」のビデオを見てまして、ふと気がついてYahoo
からここに入りました。ときどき寄らせていただきたいので、よろしく。
 ホームズ歴はふる〜いのですがあまり深くないし、なによりネット初心者です。

 もちろん「聖典」は何種か読んではおりますが、そのほかホームズに関して読んだ本の数だ
けは多いです。(自慢にならない)ただし、乱読家でして内容をすぐ忘れます。ぱっと思い出
せる本は、「ホームズは女だった」と「ゴルファー、シャーロック・ホームズ」です。 前者
は意表をついた内容で、後者は買ったことを後悔したことで印象があります。


クリスマスの依頼人 投稿者:jones  投稿日:12月26日(土)14時05分43秒

ひさびさに書き込みするjonesです。

先日本屋で、「NHKテレビ版 シャーロック・ホームズの冒険」
立ち読みしてみました。
流し読み程度ですが、撮影の裏話なんかが書いてあって、興味深かったです。
ボーナスも入ったことだし、
「NHKテレビ版 シャーロック・ホームズの冒険」、「クリスマスの依頼人」
「リオ連続殺人事件」3冊ともそろえようかな・・・。

P.S.
ところで、先日あるきっかけでここの掲示板に書き込みするHolmesと会う
機会がありました。
実際にあうHolmesはなぜかアーミールックのコートにボアハットをかぶっていました。
なあ、Holmes!?


12/23更新 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:12月23日(水)17時15分57秒

・心に残る名作アンケート
  達也さんとmotoさんから頂きました。ありがとうございました。
・ホームズ情報
  ↓下記の通り、膳部空蔵さんから「リオ連続殺人事件」の発売情報を
  提供していただきました。ありがとうざいます!

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


「リオ連続殺人事件」発売 投稿者:膳部空蔵  投稿日:12月21日(月)19時34分26秒

膳部空蔵です。
「SHリオ連続殺人事件」読みました。
そうです。ブラジルはポルトガル語国です。ブラジル語国ではありません。シツレイ
内容は流石にラテン系の人が書いた作品、と言ってしまいましょう。
ミステリとしては割に良く出来ていますが、ホームズ・パスティシュとしては、
評価は割れますね、これは、膳部の評価基準では、ワトソンをピエロにした作品
は駄作と定義しているので、この作品は駄作です。

読者のシャーロッキアン度(ホームズ物語へののめり込み度)が評価に顕われて
面白ですよこの作品は。必購必読です。文庫に落ちるかどうか疑問だし。


バスカヴィル文字 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:12月20日(日)23時06分02秒

>ぽろろんさん
はじめまして!子供の頃読んだホームズは確かにとても健康的な
感じがしましたね。読んだ本の挿し絵の影響もあるでしょう。
僕は小学館の「名探偵ホームズ全集シリーズ」を読んでいました。
その挿し絵のワトスンの顔はとってもおちゃめな面白い顔でした。
だから、本物の挿し絵のワトスンを見たときは、意外と賢そうに
描かれているのにびっくりしたものです。医学博士ですもんね。
英語で原文を見ると、字が細かいせいもあって目が痛くなる私です・・・

>松下さん
こんにちは!Baskervilleフォントってどんな感じなんですか?
血の滴るような文字でしょうか(おお怖い)。関係ないかもしれませんが、
「バスカヴィル家の犬」の Hugo Baskerville(魔犬に喰い殺されました)
は17世紀の人物で、その息子が、なんと John Baskerville という
のです。偶然の一致でしょうか?

>藍里さん
>もっと沢山のことを知りたい!と思って発見したこのHPですが、もう感激です。

どうもありがとうございます!ホームズ作品については、様々な研究書が
存在しています。相互リンクを張っています「名探偵ホームズの謎」
にはちまたにあふれるホームズ本についてのリストがありますので、ご参考ください!
お名前の「藍里」を見抜くのは一般の人には難しいかも(笑)。ここに
いる方なら一目でわかるでしょうね。


(無題) 投稿者:藍里  投稿日:12月18日(金)14時12分52秒

今日、メールボックスを覗いてみたら、管理者の方からわざわざご丁寧なメールを
頂いておりました。ありがとうございました。
以前から大好きだったホームズシリーズを最近また細かく細かく読み始め、もっと沢山のことを
知りたい!と思って発見したこのHPですが、もう感激です。
アンケートは、何だか好きな作品が多すぎて選びきれなくて、思い付くままに3つだけつけた、
というような投稿方法でしたが(スミマセン)、皆さんの分拝見して、もっと書けばよかった
なあと後悔しています。
おっしゃるとおり、投稿ネームはアイリーン・アドラー嬢からの拝借です。うーん、さすが
ですね。昔から使っているネームなのですが、今まで誰も気付いてくれなかった由来なのでした
(笑)。やっぱりホームズシリーズにアイリーン嬢の存在は欠かせないですよね!と勝手に
思っています。                             (でもヴァイオレット嬢も捨て難い)藍里拝。


Baskerville 投稿者:松下大圭  投稿日:12月17日(木)15時04分18秒

ウィンドウズのフォント書体に Baskervilleというものがありました。何か関連性があるかと調
べたのですが、特にありませんでした。1750年にJohn Baskervilleという文字デザイナーが作っ
たそうです。そのころでしたっけ、あのヒューゴ・バスカービルが魔犬に食い殺されたの。
延原さん訳の新潮社の文庫本、最近開くとくしゃみを誘発するのです。今もある「事件簿」はたし
か1982年に買ったものでしたが、あの当時事件簿まで揃っているのがこれ一社だけだった記憶が
あります。今はどうなのでしょう。


ホームズ話 投稿者:ぽぽろん  投稿日:12月16日(水)21時06分36秒

初めて投稿いたします。
ホームズは、小学生の時から大好きでした。
とはいえ、子供向けに編集された健康的なホームズと、本物の不健康なホームズのギャップに、
当初はびっくりしました。
イギリスで買って帰った、ホームズの全部の話がまとまったペーパーバックを、
「読みたい、読みたい」と思いつつ、辞書をひきひき、まだ2ページ目。
がんばります。


12/13更新 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:12月13日(日)16時32分48秒

心に残る名作アンケート
 その名もずばり「藍里」さんからいただきました。
 60名様到達です。これからもどうぞよろしくお願いします!

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


行きたくなります 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:12月12日(土)17時16分53秒

下の「12/10更新」ですが、投稿者欄が間違っています。
ごめんなさい。

>マチャコさん
お久しぶりです!そうですよね。ああやって生の写真を見せられると
実に行きたくなってしまいます。ずっとホームズと一緒というのは
至難の業でしょうね。時折思い出してもう一度読み直したりすると
また新しい発見があったりして面白いものです。そんなとき、またこの
HPにもお立ち寄りくださいね。

風邪には気をつけましょう。もう僕は引いてしまいましたが。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


見ました!!すごく良いですね! 投稿者:マチャコ  投稿日:12月10日(木)14時41分27秒

The Adventure of Baker Street見ました。Aki Katoさんの面白いロンドン
のお話で行ってみたくなりました。Baker Streetは以前から行きたいなぁ〜
と思っていましたし、地下鉄の写真も前に見たことがあるので、なんかとっても
ウキウキしますね(^^)
このごろ、ホームズさんはちょっとご無沙汰になっていたのですが、
また本などを読んでホームズさんワールドに行きたくなってきました。

さて、私は風邪でしばれく寝込んでいました。
今は全快しましたが、今年の風邪はタチわるいです。
みなさん気をつけて下さいね(^o^)


12/10更新 投稿者:Captain Drake  投稿日:12月09日(水)17時26分38秒

Aquariusさんからのアンケートメールをアップしました。
ありがとうございました!これで59人目です。投票数は
336票となりました。これからもよろしくお願いします!

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


ホームズと漱石・・・ 投稿者:kouchan(管理人)  投稿日:12月07日(月)14時24分16秒

>松下さん 夢見月さん
お久しぶりです。それにしてもホームズと漱石が同じ舞台に立つ
というのは面白いですね。年代的にも同じ頃だし。それに漱石も
ロンドンへ行ってたんですよね。発狂してたみたいですが。
夢見月さんは「行人」がお好きだそうですが、僕は何と言っても
「三四郎」が好きです。「行人」の方はまだ半分しか読んでいなくて、
そのまま2年あまりがたちました(^^; 一度「三四郎池」にいってみたい・・・

>葛さん
またまたお久しぶりです!HPについてはきっちり覚えていますよ(笑)
できあがったら是非教えてください。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


確かに、あのホームズは… 投稿者:夢見月  投稿日:12月07日(月)10時54分31秒

  松下様。
  確かに、最初は「どうしよう」とか思ったものです。学校帰りに
本屋で目について買ったのですが、正直、途中は「うわぁ…。」と
とまどったものです。ただ、ラスト、夏目が日本へ帰るシーンがとても
よくて、トリックとか筋立てよりそのシーンが強烈に印象に残っている
という…。
  ホームズのパスティーシュなどは聖典のイメージがそれぞれのシャーロキアン
の中にあるので、難しいものだと思います。


なにやら増えてますねっ! 投稿者:  投稿日:12月07日(月)10時04分56秒

いやあ、しばらく顔を出さなかったらすっかり更新されてたんですね。管理人さん。
ロンドン紀行。いいですね。私が行ってみたいところNO.1ですからね。もちろん拝見して帰ります。

だれも覚えちゃいないと思いますが、葛は現在HP制作中です。
「シャーロック関係のHPを仕上げる」が目標ですが・・・出来上がったら、皆さんきて下さいね。
・・・さて、いつになることやら(・・;


漱石とロンドンミイラ殺人事件 投稿者:松下大圭  投稿日:12月05日(土)19時42分33秒

漱石とロンドンミイラ殺人事件 は何年か前に読みましたが、ミステリー読んで吹き出し笑いはあ
れが最初で最後でした。ただ一部のシャーロキアンから反感買うかもしれませんね。

その事件の経緯をワトソンと夏目が同時進行で記述し、両者の記録に大きなギャップがあるという
話です。夏目からみたホームズはきちがい、ワトソンは従来のホームズを語るという。事件の解決
方法も夏目から見るととても本来のホームズとは思えないものです。


おひさしぶりです。 投稿者:夢見月  投稿日:12月05日(土)13時30分31秒

お久しぶりです。
更新メールを見まして、久々に覗かせて頂きましたら、漱石ですか(^^)。
私も夏目は好きです。『こころ』も好きですが、一番は『行人』です。
日記も、なかなか面白いですね。
ところで、夏目とホームズといえば、やはり島田氏の
『漱石とロンドンミイラ殺人事件』(でしたっけ?)
最初はかーなーりー(笑)エキセントリックなホームズに圧倒
されましたが、ラストはとても好きでした。漱石の語り
部分、とくに冒頭は漱石日記の文体そのままの雰囲気で、
「やるなー。」(失礼!)と思ったものです。


(無題) 投稿者:Captain Drake  投稿日:12月05日(土)12時03分02秒

シャーロックサイトからはいりました。毎日か、一日おきくらいには見てお
ります。
 菊地さんは漱石、鴎外他いろいろと守備範囲が広いようですね。ぼくも漱石
の『こころ』と『三四郎』が大好きです。物語そのものの迫力もさりながら、明治・
大正時代の東京の風俗描写が気に入っています。三四郎が与次郎に連れられてカレー
屋に行くところとか、先生とKの本郷界隈の散歩とか。洋館立ての建ち並び始めた東
京は、ある種ヴィクトリア朝のロンドンを(ぼくの中では)イメージさせます。これ
からも頑張って下さい。


12/5更新 投稿者:Kouchan(管理人)  投稿日:12月05日(土)11時48分20秒

遂にやってきました。聖地巡礼コラムの登場です!
新設しました「シャーロッキアンコラム」の第1号を飾るにふさわしい
Aki Katoさんによるロンドン探検記です!その名もずばり「The Adventure of
Baker Street」です!生の写真入りで読み応え十分です!お楽しみあれ。
さらにさらに「心に残る名作アンケート」にはCaptain Drakeさんからの
投票を追加!英文学科に在籍のDrakeさんがみたホームズ作品はまたひと味
違ったものに見えるのでしょうね。

>膳部空蔵さん、jonesさん
毎度毎度深いシャーロッキアンの知識をありがとうございます!
ぼくはホームズ・パスティシュを読んだことがありませんが、
面白いですか?是非今度読んでみようと思います!でもやっぱり
パディントンさんがおっしゃるとおり、ブラジルはポルトガル語なのでは・・・(^^;

>我思さん
そうですか、イギリスにいらっしゃったのですね。それならば是非
体験などお寄せくださいよ〜!是非コラムに載せようではありませんか!

>お蔦さん
ついにCDを手に入れたのですね!どんな感じなのでしょうか。
ホームズは小川真司さんでしょ、それとワトスンが永井一郎さん・・・
うーん、ワトスンの声がひょうきんになりそうな予感・・・
是非感想をお寄せくださいね。あ、そうそう、このCDを「ホームズ情報」
コーナーに入れようっと。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


??? 投稿者:パディントン  投稿日:12月04日(金)23時48分42秒

すみません、ブラジルってポルトガル語ではないのでしょうか?
ブラジル語って又、他にあるのかなぁ?
ちょっと気になってもので・・・


近刊情報「リオ連続殺人事件」 投稿者:膳部空蔵  投稿日:12月03日(木)12時30分52秒

膳部でございます。知合の本屋さんに教えてもらったんですが、
講談社から「SH リオ連続殺人事件」(仮題)というのが、
今月上旬くらいに発行されるらしいです。
なんでも元が英語ではなくブラジル語からの翻訳らしいんです
が、その辺ははっきりしません。もしそうなら、珍しいですよね。
良く考えたら、非英語圏の日本でだってホームズ・パスティシュ
があるんだからブラジル語で書かれたものがあるのも当然。これ
は盲点でした。
「クリスマスの依頼人」に続き、嬉しい限りです。


ありがとうございます 投稿者:我思  投稿日:12月02日(水)21時18分08秒

返事を書いいただきありがとうございます。
いやぁ、みなさんけっこうなシャーロキアンでぼくもうれしいかぎりです。
まわりにはあまり詳しい人がいなくなってしまったので(ぼくがイギリスに行ったので)
もっとそれ以上の人がいないかなとおもっていたら案の定ここにいるじゃないですか!!
うれしいですね
そういえば、NHKでやっていた、シャーロックホームズのジェレミーブレッドの本が
でてますよね。買わなきゃとおもっているんですけど・・・。
PS シャーロック・ホームズのCDかわなきゃ!!


手に入れちゃいました♪ 投稿者:おつた  投稿日:12月01日(火)16時28分12秒

 以前にこちらの掲示板に書き込みをしたシャーロックホームズ全集のCDが今日届きました♪
まだ聞いてないんですけど(え?聞いてから書けって?ごもっとも・・・)すんごく嬉しいので
書き込みしてしまいました。お許しを。
 感想のほうは改めて書き込みしますね♪
 ではでは〜!
 


我思さん 投稿者:jones  投稿日:12月01日(火)12時49分00秒

「ホームズの功績」、読んだことあります。
私も見つけたのは地元の図書館でした。
あれがたしか私の初めて読んだ本格的パスティーシュだったと思います。
私が好きだったのは「黒衣の天使」(題名は正確に覚えてないんですけど、たしか
こんな名前だった)ですね。
聖典の「5つぶのオレンジの種」に似ているような気もしましたが・・・。
あと、傘を取りに行ったまま戻ってこなかった給仕長の話もありましたが、
同じ題材をジューン・トムスンも短編にしてましたよね。
ストーリーまで酷似してたのでちょっとびっくりした覚えがあります。


Back