Backlog of GUEST BOOK
〜過去のGuest Book〜
2000.5.24−8.21

[ 前ページへGuest Book ]


乱歩 投稿者:為五郎  投稿日: 8月21日(月)10時41分56秒

江戸川乱歩 ― えどがわらんぽ ― エドガー・アラン・ポー。僕はポーの
作品はちょっと苦手なんですよね。ながながと説明したりすると頭がおかし
くなりそうで、なかなか全部読めないんです。(モルグ街の殺人とか)でも、
やはり推理小説の金字塔というかホームズでも似ている部分がありますよね。
例えば、ホームズがワトスンに推理の成り行きを教えているところなんか。
でも失敬か否か、ワトスンは聞いたとたん「なんだ、そんなことか」とか言
っちゃってますけど.....


ジョン=ヨハネ説 投稿者:膳部空蔵  投稿日: 8月21日(月)08時28分05秒

いつきさんの「与太話」ジョン=ヨハネ説とホームズ=キリスト説は大変楽しませて
いただいています。

せっかく楽しませていただいているのに、ナンなんですが、この種のモデル探しは、
よほど切り口を工夫しない限りは論文にはなりにくいように思います。というのは、
我々はモデルとして類似点を挙げることはできますが、それは状況証拠にすぎないか
らです。ドイルの創作日記とか手紙などで直接の証拠を挙げて証明できない限り、面
白い座談にはなっても、良い論文にはなるかどうかは疑問です。
ローゼンバークの「シャーロック・ホームズの死と復活」がドイル研究の分野で黙殺
されているのは、この辺に理由があるからだそうです。
ドイル財団の手元で眠っている当時の資料が公開されれば、いつきさんの説の正しさ
が証明できるんでしょうけど。


ホームズの孫 投稿者:HALKA  投稿日: 8月21日(月)03時16分15秒

シャーリーはですね、ご指摘のとおり複数おります。
ひとりは、同名のアダルトな漫画に出てくる主人公の淫乱少女です。
もうひとりは、スカパーやCATVで見られるミステリチャンネルで
やってる、これも同名のドラマです。
どちらもですね、学問的にはちょっと…。
「シャーリー・ホームズ」で検索されると情報が見つかるはずです。

肝心のじいさんのほうでも、とんでもないのがありますよ。
漱石とあっていたり、香港や日本で捕り物をやっていたり、
いたこに乗り移ったり、冷凍されていたのが生き返ったり、
女だったり、天国で探偵をやっていたり、etc。
ある意味で、これ以上波乱万丈な人生を送っている架空人物はいないでしょうね。

いつき様は与太話とおっしゃいますがね、
かなり面白いご意見だとは思います。
掘り下げたらひとつ論文がかけるように思えます。
シャーロッキアーナでも、英文学でも。

正典でも英語力が無いとつまらない部分があります。
暗号ものなどは致命的ですよね。
ルイス・キャロルやジョイスを翻訳した柳瀬尚紀氏が
ホームズものを翻訳したらどうなるでしょう?
きっと暗号なども、うまく通じる日本語に翻訳してくれると思うのですが。

http://webs.to/holmes/


ただの与太話なんですよ? 投稿者:いつき  投稿日: 8月20日(日)22時01分54秒

海外の小説を読んでいると、やはり聖書の知識が必要になることって多いですよね。
私の与太話は置いといても、シュロックホームズ・・・・確かにわけわかりません。
あれは英語的ダジャレも連発しているので、
ある程度英語的知識を持っている人でないと一読して理解するのはつらいです。
クィーンも、後期作品群などは宗教的苦悩の固まりのようですし。
まあ、国名シリーズの頃のクィーンよりも、
悩み苦悩するまじめなクィーンの方が、いつきは好きですが(^^)

>joestarさん
あれってただの与太話だったんですよ?
私もそれほど聖書に詳しいわけではないので、
あの思いつきが実証できるのかとかはわかりませんけど、
もしお使いになりたいのならばかまいませんよ(^^ゞ
英米文学の研究者についてはソローをやっている方くらいしか知らないので・・・・。

シャーリーホームズですが、
他にも数人いて、日本の漫画に出てくる人、海外のドラマに出てくる人とかいるようです。
それぞれキャラクターとしては別人みたいですね。
ホームズの子孫ということなら、「冬のさなかに ホームズ二世最初の事件」
とか他にも「パスワード少年団とホームズ三世」とかいろいろ出ていますよ。



聖書とシェイクスピア 投稿者:ゆかり  投稿日: 8月20日(日)19時06分51秒

 HALKAさんのおっしゃる通り、キリスト教は不可欠なんですよね〜。
あとそうそう! シェイクスピア! あたり前みたいに言わないで下さい〜、
って泣けてきます。後は私の好みなのかも知れないですけど、ルイス・キャロルが
頻繁に。シェイクスピア・ベーコン論争なんてのも、私はミステリに教えて頂きましたです。
だけど全ての本に注釈がついているわけじゃないし、それがあってしつこいと思う読者も
いるんでしょうし。。。 見ないでわかってうふふふと笑えたらいいんだけど。
アシモフの黒後家蜘蛛なんか。。。わかんないこと多くて。。。
英文学とかちゃんと勉強したら違うのかなぁ。
 シャーリー・ホームズさんは、ジョーン・ワトスンというお友達を持ってましたよね。
私はクィーン編の「シャーロック・ホームズの災難」で出会ったと思います。


みなさんの知識はすごい・・・ 投稿者:joestar  投稿日: 8月20日(日)13時40分15秒

>Halka様
ども!情報ありがとうございます。シャーリーはどこで登場する人物なのかも教えていただけると研究が
さらに大変になり、嬉しく存じます(^^;)

>いつきさん
聖書が大事だということですが、
やはり私も聖書には大変興味を持っており、まさか(恥ずかしながら)ドイル氏の
作品が聖書に関連してるとは思っても居ませんでした。ワトソン(ヨハネ)説は
大変面白いと思います。差し支えなければ論文に使用させて頂いてもよろしい
でしょうか?


ホームズの孫 投稿者:HALKA  投稿日: 8月20日(日)03時25分51秒

ホームズの孫はシャーリー・ホームズという女の子がいましたっけ。

英語圏の文学は、やはり聖書とシェークスピアが必須項目ですね。
聖書がわからないと、シュロック・ホームズはさっぱりわかりません。

あと、もし外国人の出てくる創作物を書くときには、
人物名に注意をしないと。
イングランド出身者の名前が、アイルランド系だったりしたら大変ですから。

joestar様
英文学がご専攻ですか?
私の心当たりの先生はすでに引退されていますし…。

どなたかご存知の方はいませんかね。
このままだと、埋もれてしまうので…。

http://webs.to/holmes/


乱歩の名前にひかれて… 投稿者:夢見月  投稿日: 8月19日(土)10時30分04秒

 ご無沙汰になります。

乱歩<小学校の時にポプラ社のものを読みました。小学校4年か5年くらいだったと
思いますが、私がはじめて好きになった探偵が明智小五郎です。(わははは。)
その後ルパンを少し読みましたが、話は面白かった記憶はあるのですが、ルパンは
あまり好きではありませんでしたね。中学に入った頃に新潮のホームズシリーズ
を全巻買って貰って読みました。クリスティやクィーンを読み始めたのはもっと
あとです。ポワロはドラマのスーシェのイメージが強いですね。

 ルパン3世<好きですね。テレビもよくみていましたが、「カリオストロの城」
のルパンはかっこよかったです。しかし、ホームズの孫…。なんだか想像がつか
ないのは私だけでしょうか(^^;)。

 ワトスンの名前がジョン(ヨハネ)だというお話はとても面白いですね。
キリスト教圏の話は、聖書が一般常識だと前提の上で書かれていたりするので、
日本人には少しハンデがありますね。ゆかりさんのおっしゃること、解ります。
宗教には興味があるんですが…、ホームズものに対してそういう解釈を考えた
ことはなかったですね。とても魅力的なお話だと思いました。ワトスンは
生まれながらに天才を世に送り出すという運命を持っていたんですね(笑)。


うわ。盛り上がってる。(笑) 投稿者:ライカ  投稿日: 8月19日(土)00時28分59秒

何だか、ルパン三世の話で盛り上がってますねー。私もルパン三世好は大好きです。特に
「カリオストロの城」が好きだなぁ。ところで、ルパン三世って、ルパンの孫にあたるん
ですよね。…金田一一も金田一耕助の孫だし…「ホームズ三世」「ホームズ少年の事件
簿」…うーん。ホームズに孫か…いてほしいような、いてほしくないような。(笑)
「名探偵コナン」で我慢しよ。(←ホームズじゃないじゃん。)

亮さま。すでにサントラ持ってたんですね。恐れ入りました。(笑)
行方不明のCD、早く見つかるといいですね!


ヨハネさん 投稿者:ゆかり  投稿日: 8月18日(金)20時59分00秒

 ホームズさんは原作にキリスト教が絡まないですよね。クィーンはやったらめったら出てくる。
しかも肝心なとこで。体に染み付いてない私はもどかしい時があるんですよう。
 フムフムさん、そうでしょう、図書室の本はなんかこもってる気がするでしょう?
しかもあの子供が何かに驚愕して口半開きみたいなイラスト!! それに比べてホームズさんの
スマートなこと!! うちの小学校の図書室の本の配置の問題もあるけど。
乱歩は書架と書架の間、ホームズは窓側にあったのでした(笑) でも最近読んだ乱歩は
おもしろかったです。
 ルパン三世は大好きですよ! 特にカリオストロが好きですね〜。あとテレビシリーズも
良く見たな〜。次元の過去の話、「第三の男」ばりのウィーンでの話だったんですが、
印象深いです。また見たいなぁ。
ルブランのせいでフランス全般が苦手な私ですが、好きな作品が二作品あります。
「三銃士」と「ベルサイユのバラ」。あぁ。何言ってんだか。


すいません、また与太話です 投稿者:いつき  投稿日: 8月18日(金)12時34分14秒

膳部さんこんにちは、あのような与太話に対してコメント有難うございました。
やっぱりあのような解釈って出来るんですね。
ところで、また与太が広がってしまいました(笑)。
今朝この掲示板を見てから、何気に考えていたんですが、
ホームズの生涯とキリストの生涯って、
キリストの方はうろ覚えですけどアウトラインで重ならないでしょうか?

ヨハネに見出されたキリストは、人々のために数々の奇跡を起こした後、
人々のために十字架に架けられて殉死し、
三日後(確かそうだったような気がする)に復活したことになってるのに対して、
ジョン(ヨハネ)に世に送り出されたホームズは、人々のために数々の事件を解決した後、
人々のためにモリアーティと戦い殉死したことになり、
三年後に復活したわけですから、
アウトラインで見ればそっくりですよね。

徒然なるままにこんなことを考えていたら午前中が終わってしまいました。
これってドイル論に入ってきますよね?
膳部さんが後半に書かれていることってこのことでしょうか?
ワトスンのファーストネームの語源を考えていたら、
ここまで与太が広がってしまいました。
でも、宗教ネタは誤解されるとやばいので、いつきもここまでにします(^^ゞ

フムフムさん、亮さんこんにちは、ルパン三世は僕も好きですよ。
一番のお気に入りは、モンキーパンチさん監督の「デッド・オア・アライブ」かな〜。
宮崎さん監督のものも好きだけど。




はじめまして! 投稿者:林檎  投稿日: 8月18日(金)11時15分24秒

なのですが、
来月の4日から、NHK衛星第2にてホームズの再放送があるらしいです!
すでにご存知でしたらお許しください〜。
それでは。。


宗教的哲学カァ〜?! 投稿者:亮くん  投稿日: 8月18日(金)10時06分10秒

 茶化すようなタイトルで申し訳ないです。
 ただ、宗教関係や名前に関しては全然とまでは行かないまでも
興味が薄い物で・・・。(^^;
 でも、ちゃんと勉強しとかないとボケた宗教団体にはまりそう
で怖いです。(..;(最近、変な事件もあるし・・・。)

 勉強と言えば初めましての学生さんがいらっしゃるようで・・・。
 卒論頑張ってネェー。(って、回答にも何にもなってねーって・・・。(..;)

 それからそれから、フムフムさん 僕もルパン三世好きですよ。
 最近の物よりテレビ・シリーズの初期の頃が好きですね、ヒュ
ーマニズムで・・・。(って、ヒューマニズムの意味を分からずに
書いてます。(^^;)
 宮崎シリーズも良かったです。
 キャラは五右衛門と次元が大好きですね、いつも渋いし格好良い
し・・・。
 でも、ルパンの様にキメる時はキメる人間も良いかなっと最近思
ったりもします。
 そう言えば五右衛門や銭形警部のご先祖さんてご存じだと思いま
す。
 で、今の五右衛門は13代目で銭形警部は7代目か8代目らしい
のですが、どうも作者の方はちゃんと最初の設定で計算してるみた
いですよ。(僕も子供の頃、興味本位で大ざっぱに計算した事があ
りました。)
 でも、僕が子供の頃からン十年たってるからあのキャラクター達
はもう小父さん・小母さんだし、銭形警部なんてもうとっくに定年
退職して孫の一人もいる世代なんですよね。
 あーーーーーー、夢が壊れる。(TT)
 まっ、良いや ビデオでも観よーっと。(^^)

 あっ、また長文になってしまった。(..;
 ではでは、また。


re.ワトソンの名前 投稿者:膳部空蔵  投稿日: 8月18日(金)08時18分46秒

いつきさん、こんにちは
>たった今風呂に入っていて思いついたのですが、
私もお風呂で思いつくこと多いです、与太話。

さて、ご指摘のジョン=使徒ヨハネというのは大変センスがいい
エレガントな解釈だと思います。「ジョン=ヨハネは見いだしたる人」であるという
とことで止めておけば、立派にホームズ学説。でも、ホームズ=キリストまで行くと、
ドイルの宗教的確信の状態とかローゼンバーグの仮説に対する反論とかでややこしく
なるので与太話。筆の置き所で評価は斯くも違うわけです。
もちろん、私は与太話の方が好きですが。


初めてなのに・・・ 投稿者:joestar  投稿日: 8月18日(金)01時36分58秒

はじめまして、joestarと申します。現在大学四年生で卒論研究に励んでいるのですが、
特に19世紀英国(ヴィクトリア朝)に興味がありまして、もちろんその仲でもDoyle氏に
惹かれています。そこで大学院に行こうと思っているのですが、このような研究をなさって
いる教授を知っていたら是非教えていただきたいと思います。
初めての書き込みでこんなお願いするのは図々しいのは承知の上でお尋ねいたします。


ネーミング 投稿者:フムフム  投稿日: 8月18日(金)01時20分22秒

>いつきさん
教えて頂きありがとうございます。
筑摩文庫の注釈版は最初の方を読んだだけでギブアップした記憶が・・・(^_^;)。
どうせなら他のキャラクターの名前の由来も知りたいですね。

>ゆかりさん
はじめまして!
乱歩の表紙についての書き込みを見て、思わず声をかけてしまいました。
私も苦手でした。黒と言うか群青色と言うか重々しい感じだし、
図書館の本だと古いからよけい避けたくなるような・・・。

ところで、ルパン三世もお嫌いですか?(笑)
σ(^-^)ルパン三世好きなんで・・・。


ああっー、そうだった 思い出した!!! 投稿者:亮くん  投稿日: 8月17日(木)21時47分00秒

 ああっー、そうだった 思い出した!!!
 そうそう、ヘイスティングズさんでしたね ポアロさんのワトソン役は・・・・。
 掲示板を覗いて思い出すとは情けないかぎりです。(^^;

 そうそう、「マイ・フェア・レディー」のサントラ買うには買ったのですが今CD
が行方不明なんですよ、ライカさん。(^^;
 あの歌声、良いですよね。
 「見せてほしい」の場面、僕も好きですよ ブレット氏がお茶目で・・・。(^^)
 でも、訛りと言うか発音は難しいですねぇー。
 英会話学校で発音の勉強をしていた時は苦労しましたが、今もって「何、言ってる
の君。」って顔をされます。
 で、英会話学校の先生に「マイ・フェア・レディー」のようだねと言ったら、大う
けでした。(^^)

 う〜ん、映画アンド探偵シリーズでこんだけ盛り上がるとは思ってもみなんだなぁ〜。

 ではでは〜。



ワトスンの名前って・・・・ 投稿者:いつき  投稿日: 8月17日(木)21時16分27秒

たった今風呂に入っていて思いついたのですが、
ワトソンのファーストネームのジョン(ヨハネ)というのは
以前自分が書いたことですけど、キリストの洗礼者の名前なんですよね。
とすれば、いわばキリスト(救世主)の才能を最初に認めた人間の名前をもらっているわけで、
その人間がホームズ(世界初の諮問探偵)の才能を認め世に送り出した、
と捉えることが出来るわけですから、
ホームズ=キリスト(犯罪世界の救世主?)という分析が出来るのでは?

という与太でした。
というか、英語圏では誰かこれぐらいのことは思いついているでしょうね。

為五郎さん、マープルといえばやはり短編ですよね。
そういえばマープルってヘイスティングス大佐のようなワトスン役がいませんね。
安楽椅子探偵の代表格って気がするのに、今まで気づきませんでした。



言われてみると… 投稿者:ライカ  投稿日: 8月17日(木)01時23分27秒

「訛りを聞けば、その人間が何処に住んでいるか、当ててみせる」…なるほど、ホーム
ズっぽい。で、あの人が良さそうな大佐がワトソン…。おー!そう言われてみると確かに
似てるところもありますねー。高田さん、ゆかりさん、ありがとうございました!私の聞
いた情報もまんざらウソという訳でもなさそうですね。…でもいったいどこから「ボヘミ
アの醜聞」なんてのが出てきたんだろ?(笑)

亮さま。「君の住む街で♪」が好きならば、ぜひサントラを買わなければ!初めて映画を
見た時にはブレット氏の歌声に「これ本当に、本人?」と疑ったものです。(舞台俳優さ
んなんだから歌がうまいのは当たり前か。(笑))ちなみに私は「見せてほしい♪」の場
面のブレット氏も好きだなぁ。


ヘイスティングズ大尉 投稿者:為五郎  投稿日: 8月16日(水)12時35分41秒

ワトスンとホームズの出会いとは違ってポワロとヘイスティングズの出会いは話の中では
出てきませんね。たぶんヘイスティングズも最初はポワロを変な目で見ていたと思いますが..
いつきさん、僕もどっちかというと灰色の脳細胞より火曜の夜の集いのマープルさんと
レイモンド君のほうが好きです。レイモンド君ってどんな感じだろう? 黒人かな?
(スミマセン。レイモンドというと某テレビ局のアメリカ(?)の25分ドラマの彼が頭から
離れないんです。誰かこれ知ってる人います?) 以上、為五郎でした。


来週の火曜 投稿者:mineko  投稿日:06月16日(金)12時47分42秒

久しぶりにかきこませて頂きます。
昨日読売新聞の週間テレビ番組表を見ていたら
来週の火曜6/20お昼の1時から12チャンネルで
「新シャーロックホームズ、弟のおかしな大冒険」とか何とか
そんな感じの映画がやるそうです。

私の住んでる地域じゃない所ではやらないかもしれないけど
そしたらごめんなさい!


品切れ対策 投稿者:HALKA  投稿日:06月15日(木)02時59分23秒

高田様
情報ありがとうございます。絶版でなくてなによりです。
『最後の挨拶』は給料日後の発売の様ですね。
新刊とて油断のならない今日この頃ですから、
品切れにならないようにすぐ買います。

入手しにくくなったとはいえ、河出の文庫本は古本で比較的入手しやすいので、
まだましなほうでしょう。
現実には、ほとんど入手できそうも無い本もあるわけで、まことに悲しい限り。
と思っていたら、わがサイトによっていただいた方に
「復刊ドットコム」(URLは下)なるページを教えていただきました。
投票をして一定数になった本について、出版社に復刊を掛け合ってくれるそうです。
重版になるのかオンデマンドになるのかはわかりませんが、
非常に価値ある試みです。
講談社文庫の『犯罪王モリアティ』のシリーズがリストにあったので、
早速投票してきました。
この本を入手したい方、ご協力を。

http://www.fukkan.com/


業務連絡 投稿者:高田 寛  投稿日:06月14日(水)18時31分47秒

ライカ様。
メール頂戴致しました。御返事をメールで差し上げましたが、
届いておりましょうや。未着でしたら御一報下さい。


河出文庫版贋作の件 投稿者:高田 寛  投稿日:06月13日(火)18時21分19秒

本日河出の担当(全集)の方に連絡が取れました。

先ず文庫に関しては、絶版にする事は原則としてない、そうです。
只、ある程度の需要が見込めないと(或いは需要がある、と河出が
判断しないと)刷り増しは中々掛からないそうです。で、やり取り
の中で、「倉庫を探してあったら一冊送ります」と云う事になっちゃったので、
ライカ様、未だご入用でしたらメールででも御連絡下さい。

このやり取りからすると、どうも在庫が一定部数以下になると(10とか20とかその
位だろう、と思いますが)、本屋は「品切れ」と云う扱いにして、その後引き続き
注文がくるかどうかを見て、刷り増しするかどうかを決める様ですね。無論、刷ると
じゃんじゃん売れる本であるとか、此れ迄の経験からこの位はコンスタントに必ず
売れる、と云う事が解って居る本は別でしょうが。

と云う訳で、絶版では無い事が明らかになって、嬉しく思います。

で、「最後の挨拶」は今月の下旬に発売されるそうです。値段は確か3600円か
3800円と言われた様な気がします。初版は4000部、だそうです。
注釈・解説の訳者と致しましては、此れ迄の短編集の中では一番ひどい目に
あったのですが、売れるかなあ。
この次は「恐怖の谷」です。帯には「12月刊行予定」と入れた、そうですが、
小生は号泣して居ります。多分遅れる事になりませう。また、「予告の守れぬ
河出の全集」との非難の声が、あちこちで聞かれるんだらうなあ。
今のうちから予め謝っておく事にします。

長くなりましたが、御参考迄。


まだまだ読む。 投稿者:ライカ  投稿日:06月12日(月)00時50分37秒

ごまさん、HALKAさん「秘密ファイル」シリーズの情報ありがとうごさいます!
それにしてもホントに皆さん、沢山の本を読まれてるんですね。
誰かが「本はその人の人生の必要な時機に出会うようにできている」とかなんとか言って
たのをふと思い出しましたが、自分の人生は今、ホームズ小説とそのパスティシュが必要
な時機なんだろうか?(笑)まぁよくわかりませんが、早速「秘密ファイル」シリーズ、
「ホームズとワトソン」も読んでみますね!


ジューン・トムスン 投稿者:HALKA  投稿日:06月11日(日)23時21分30秒

トムスンの本として、秘密シリーズのほかに
もうひとつ『ホームズとワトスン 友情の研究』を追加すべきでしょう。
これはホームズとワトスンの伝記で、語り口が柔らかく好感が持てます。
パスティシュを読み終えたら、挑戦されてみてはいかがでしょう。
ちなみに、トムスンの作品の書かれた順番は
『シャーロック・ホームズの秘密ファイル』
『SHのクロニクル』
『SHのジャーナル』
『ホームズとワトスン』
『SHのドキュメント』
です。


トムスン。 投稿者:ごま  投稿日:06月11日(日)21時38分16秒

久々でございます。ごまでございます。

ライカさん
トムスンの秘密シリーズは、「SHのジャーナル」「SHの秘密ファイル」「SHのクロニクル」
そんでもって「SHのドキュメント」で、計4冊です。
実はパスティシュがあまり好きじゃない私ですが、このシリーズは大好きです。

あー、よかった。久々に話題にのれて・・・(^^ゞ


読む。ひたすら読む。 投稿者:ライカ  投稿日:06月11日(日)02時08分58秒

只今わたくしライカは、ひたすらパスティシュを読んでいます。そりゃもう、何かに取り
憑かれた様に。(ホントに何か憑いてるんじゃないのか?(笑))で、「SHの新冒険」も
読み終わって、次は好評と噂の「SHの秘密ファイル」に挑戦してみようかなぁーと思った
のですが、ミントさんやHALKAさんの書き込みによるとシリーズが4冊出ているそうです
ね。早速、創元社のHPで調べてみると、「秘密ファイル」と名の付くモノは1冊しか見当
たらなかったのですが…。他3冊のシリーズのタイトルを詳しく知ってる方、教えて頂け
ませんか?

花婿失踪事件のこと?>(こんな書き込みでスミマセン。)小学生の頃「まだらの紐」を
読んだ私はかなり腹を立てました。理由は1.何回も蛇を送り込まれてるのに被害者が気付
かないなんておかしい。2.いつ蛇が噛み付くかもわからない、そんな気長な殺人計画をた
てる犯人がおかしい。3.いくらなんでもそんな部屋おかしい。*4.リンを塗ったなんてそん
なトリックずるい。(笑)…ところがそれから十数年後、私はホームズファンになってし
まいました。(笑)何故でしょう?答えは今の私が「花婿失踪事件」を好きな理由といっ
しょでしょう。でもそれを言葉にするのはとってもムヅカシイのです。もちろん今では
「まだらの紐」も好きですよ!


なんか話を変えてしまいますが・・ 投稿者:MAMI  投稿日:06月08日(木)21時09分49秒

今日、ミステリーハンドブックを読んで、驚いたこと。
なんと、「花婿失踪事件がつまらない、と考えられることがある」と言うことです。
理由は
1,これほどだまされやすくて不注意な女性が登場するという点で、
  この物語がとても信じられない、ということ
2,ホームズが哀れな犠牲者を救うこともできなければ、犯人を懲らしめる
  こともできなかった、ということだそうです。
私としては、結構好きな事件なんですが、みなさんはどう思いますか?
 後、私もこれから高田さんや李徴さんの古本の鉄則を心得て、本を買うことにします!


「指名手配の男」に就いて 投稿者:高田 寛  投稿日:06月08日(木)17時57分59秒

ライカさんの書き込みで思い出した事を一つ。

もう今から10年以上も前の事ですが、小生の高校の後輩(シャーロッキアンです)
が大学の自由課題研究(だったかな)で、コンピューターを使ってこの
「指名手配の男」と他の聖典との文体分析をしました。詳しい中身について
は記憶がおぼろげですが、確か一つの文の平均的長さと、アルファベットで
平均して何文字の単語の使用頻度が高いかを、分析したものだったと記憶
しています(当然の事乍ら、一人の作者の一文の長さであるとか、使用頻度
はある一定の範囲内に収まり、グラフにすると一つの山の様な形になる訳です)。

で、「指名手配の男」の分析グラフは、数値的にも他のドイルの作品のものとは
はっきり形が違うものになったそうです。
恐らく延原さんは翻訳を進める段階で、原文のそうした違いを感覚的に認識した
のでしょう。パロディ・パスティーシュを読んで居て、「良く出来ているけど、
何か違うなあ」と感じられるのは、恐らく小生だけではないと思いますが、
一つの理由がこの辺りにあるのでは、と思います。

以上、御参考迄。


ありがとうございますヾ(@⌒▽⌒@)ノ 投稿者:フムフム  投稿日:06月08日(木)01時09分11秒

>HALKAさん
パスティシュの情報ありがとうございます。
早速本屋へゴーします。
まず金券ショップで図書券買って、と。
−3%も積もれば大きい(-_-)。


古本の鉄則心得ておきます! 投稿者:ライカ  投稿日:06月08日(木)00時36分57秒

先日図書館から借りてきた「贋作展覧会」読み終わりました。噂の「指名手配の男」も、
なかなか巧妙なトリックで面白かったです!ふと、自分が例の裁判中にコレを読んだとし
たら、贋作か本物か見分けられたのかな…なんて考えてしまいました。
さて、高田さんのご意見、ごもっともです。ホームズファン以外の人がこの本を手にする
事はまず少ないでしょう。それを考えると…残念ながら厳しそうですね。高田さん、李徴
さんの鉄則を胸に本屋さんを捜してみようと思います。
さ、次は「SHの新冒険」を読もうかな!(←パスティシュ漬け。)


ご回答ありがとうございます 投稿者:HALKA  投稿日:06月07日(水)23時21分42秒

高田様
ご回答ありがとうございます。この件、ぜひよろしくお願いいたします。
(もっとも、もう持っているので復刊しても買わないですけど…)

>「見付けたら何がなんでも買う」
私の場合、小学生のころから古本屋通いをしていて、
「一期一会」の鉄則を貫いております。
しかし新刊にも適用せねばならぬとは、とんでもない世の中になりました。
でも、情報はきちんとしておくべきですね。
相場以上の高値で買うこと数十回です。
ひどいときには4倍以上の差額が。

李徴様
定価1200円で買った本が、隣の古本屋で450円というのがありました。
古本なら仕方ないと思うのですが、
よりによって新古本という、中古ではない本でした(-_-;)

こういうのって、値段にかかわらず死ぬほど悔しい思いをします。
そんなわけで皆さんも気をつけませう。


古本の鉄則 投稿者:李徴  投稿日:06月07日(水)21時57分14秒

 李徴でございます。高田さん曰く、

>「見付けたら何がなんでも買う」

 その通りです。私の場合は、「親の仇と古本は見た時に取れ」というのを鉄則にして
おります。

 でも、失敗が一つ。これは新刊の話ですが、ある書店で以前から探していた本を見つ
け、「ラッキー!」と思って定価の2,800円で即購入しました。ところが、その足で近
くの古本屋に行くと、ついさっき2,800円で買ったのと同じ本が1,800円で売られている
ではありませんか。

 本屋のはしごをする時は、古本屋から先に回ることも鉄則にしましょう。


たわいもない話・・・ 投稿者:MAMI  投稿日:06月07日(水)20時57分00秒

 すごく、たわいもない話ですが・・・
今日の読売新聞の朝刊の22面の広告が、なんかパイプの広告だったんですが
大きく、帽子をかぶってパイプをすっている外国人の少し年老いた外国の方
の顔がのってたんですが、1瞬「ホームズ!?」と思う感じで、
ちょっとびっくりしましたが、ディアストーカーもかぶってないし、
たぶん違うと思います。でも、せっかくなら、ホームズの格好をしてほしかったと思います。
<紳士の格好じゃなくて>
 >高田寛さん
 ホームズの表記について、分かりました。やっぱり、ホームズとは奥が深い・・・
今じゃ、「ホームズ」のほうが多いですからね。あと、サンフランシスコ周辺の
ホームズスポットのほうも、お願いします!


ご指名を頂きましたが 投稿者:高田 寛  投稿日:06月07日(水)18時30分14秒

生憎河出の担当の方が、今週出張でおられないので、来週にでも
絶版を前提にした品切れなのか、或いは将来増刷が掛かる可能性
が残っているのか、機会があったら確認して見ます。

只、贋作物が良く売れる本なのかどうか、贔屓目無しに考えると
ちょっと厳しいかな、と云う気がします。河出文庫の二冊は、
ファンとしては楽しい本ですが、一般的な読者に迄広く受け入れられるか、
となりますとねえ。

仕方が無いので、最近の本の鉄則(でもないかな)である「見付けたら
何がなんでも買う」で行くしか無いのかも知れません(これ、昔は古本か
洋書の鉄則だったんですがねえ。最近は新刊書でもちょっと油断していると
絶版になる可能性が高いので困ります)。
「贋作」じゃメグレに勝てない、のかも知れません。


そういえば 投稿者:HALKA  投稿日:06月07日(水)02時17分53秒

そういえば、河出文庫からは、現在メグレ警視シリーズが
新装版として再刊しています。
ひょっとして、贋作ホームズの絶版もその布石では?と思うのです。
高田様、膳部様、あるいはどなたか、どうにかわからないものでしょうか。
(一応、河出書房には抗議のメールを送りました)


残念!!! 投稿者:HALKA  投稿日:06月07日(水)01時57分27秒

ライカ様
下のご指摘を見て、改めて河出のホームページで調べてみました。
『ホームズ贋作展覧会』と『日本版ホームズ贋作展覧会』の
両方が品切れ(事実上の絶版)でした。
でも、まだ間も無いので、古本などでは見つかるかもしれません。
どこかで安くみつけたら、欲しい人のために確保しておきましょう。
パスティッシュですが、どの表記も見かけたことがありますし、
現実に私の場合は、どれも混ぜこぜにして使っています。

taka様
そうでしょう!そうでしょう!どんどん読んでください!

http://webs.to/holmes/


シャーロックホームズの冒険 投稿者:taka  投稿日:06月06日(火)21時58分33秒

 シャーロックホームズの冒険にはいい短編が詰まっていますね。モリアーティは賢いですね。
 これからシャロックホームズの帰還をよみたいです。「


一言おまけ。 投稿者:ライカ  投稿日:06月05日(月)23時58分13秒

皆さんオススメのパスティシュの話題になってますが、自分はまだまだオススメできる程
読んでいないので、ここは先輩方におまかせしまっす。(^_^)
そうそう、HALKAさんオススメの河出文庫の「ホームズ贋作展覧会」ですが、この本はどう
やら絶版になってしまったようですよ。ひどいー。(3日程前、本屋さんで注文したので
すが手に入らなかったので、図書館から借りてきて、今読んでる最中です。)
そういえば「パスティーシュ」って書く方が多いようですが、「パスティシュ」でも間
違ってはいないんですよね?「パスティーシュ」って書いた方がいいのかな?


以前は・・・ 投稿者:ミント  投稿日:06月05日(月)17時08分26秒

以前は パロもパスティーシュも読んでいましたが
今はパスティーシュのみですね。
S・Hと名がつけば 何でもよんでた頃もありましたが
さすがに ホームズさまが火星人と会ったり 異次元の人だったりとちょっと
消化不良のものもありました。
パロでもシュロック・ホームズの冒険などは シャレも効いていて
「ほうほう」と 読みましたが やはりホームズさまの三枚目というのは
私的にはいただけなく パロものは読まなくなりました。
HALKAさんお勧めの(シャーロック・ホームズの秘密ファイル)シリーズは
私も読んで 楽しんでいます。
勿論 パロでも楽しく気に入って読んでおられる方も大勢
いらっしゃると思います。いろいろ読んで 自分のお気に入りを
みつけてくださいね♪


Holmesの表記に就いて  投稿者:高田 寛  投稿日:06月05日(月)16時29分32秒

MAMIさんはホウムズの表記が御気に召されぬ様ですが、ホームズとホウムズと
どちらが原音に近いか、と言いますとこれはホウムズの方が近いのであります。

今の中学校で使われている辞書に、果たしてHolmesの項があるか否か、何しろ小生の
中学校時代は遥か大昔なので、ちょっと解らないのですが、本屋さんへ行くか、
或いは学校の英語の先生に御願いするかして、大きな辞書を見て下さい。発音記号は
“hou”、つまり「ホー」と伸ばすよりは、「ホウ」の方が近いのであります。
古い翻訳では、大抵ホウムズ表記です。ですから、「ひどい」わけでは無いのであります
(まあ古臭い、かも知れませんが)。何故そうなったかは、旧かな・新かなの問題もあって
話が長くなりますので、ここでは省略します。

メールフレンド君はアメリカの方ですか。或いはアメリカ在住の日本人でしょうか。
前者なら、自分で探す様にと(英語に不自由する訳じゃないので)いってあげましょう。
後者なら、ちょっと調べてみます。昔は、確かロサンゼルスのホリディ・インという
ホテルに、ホームズの部屋が再現されていたのですが、今は閉鎖されている様に記憶しています。
ユ二バーサル・スタジオはカルフォル二アでしたかねえ。確かここにも、ホームズに因んだ
セットか何かがあった、と思います。

以上、先ずは御参考迄。


訂正 投稿者:HALKA  投稿日:06月05日(月)00時36分31秒

変な日本語と、誤変換でした。正しくは
早川以外は700円以下で手に入ると思います。
です。


お勧めのパスティシュ 投稿者:HALKA  投稿日:06月05日(月)00時34分28秒

フムフム様
パロディよりも、パスティーシュから入るほうがいいでしょう。
パロディには好き嫌いもありましょうが、
正典が好きなら忠実な再現のパスティーシュであれば受け入れやすいかと思います。
最初に読まれるのでしたら、ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックの
『シャーロック・ホームズの功績』(A・C・ドイル/J・D・カー)
が無難です。下で話題になっていたやつですね。正典の比較的忠実な再現です。
早川書房から、1262円で出ています。
次にお勧めなのは、創元推理文庫の『シャーロック・ホームズの秘密ファイル』
です。このシリーズは、計四冊も出ていますので、世間の評価は高いと判断していいでしょう。
その次は河出文庫の『ホームズ贋作展覧会』。これにはパロディも入っています。

以上、私見による勝手なお勧めでした。早川以外は700円まで出てに入ると思います。


わたしも・・・。(^◇^;) 投稿者:フムフム  投稿日:06月04日(日)02時12分20秒

MAMIさんお誕生日おめでとうございます。
(10歳以上若いよ〜(──┬──__──┬──)
実はわたしもよんだことないんです、パロディ。
本屋でペラペラめくることはあるんですが。
どれから手を付けようと考えちゃって。。。
全部そろっていたり、順番がちゃんとしてないととっかかれない性格なもので。
どなたかこんなわたしによい取っ掛かりを教えてください。
(出版社や分かればお値段もよろしく!)


教えてください! 投稿者:MAMI  投稿日:06月03日(土)19時38分37秒

実は私のメールフレンドが、アメリカ・カルフォルニア州
サンディエゴに住んでいます。その子もホームズファンで、
住んでいるところの近辺で、ホームズ関連スポットを知っている方は
教えてください!ロサンゼルス等OKです!後、少し離れていても。
私に聞かれたのですが、私はとてもじゃないけど、知らないので。
どうか、お願いします! 
 >HALKAさん
 私の国語の教科書の本の紹介「シャーロック・ホウムズ」ですよ!
ちょっとひどいですよね。友達は「そんな、細かいなー」なんて言われましたけど、
ふつう「ホームズ」ですよ。
 >ゆかりさん
 たぶん、忙しさになれてないせいだと思います。小学生の頃は
自由気ままですし、テスト勉強なんて特別難しいとき以外はやんなかったですし。
まあ、いずれなれると思います。


外国語の表記って… 投稿者:HALKA  投稿日:06月03日(土)05時25分35秒

私の前の書きこみ、「エイドリアン」になってますね。
そういえば、「ウォトスン」とか「シャーロク・ホウムズ」などという表記もありましたっけ。
あと、「コーナン・ドイル」とか。
「エイドリアン」の表記が使われているのは『17の愉しみ』でしたかな。
『素敵な冒険』や『ウエスト・エンドの恐怖』のニコラス・メイヤーも、
マイヤーのほうが音が近いらしいですし、
どうも混乱していけません。
元のつづりで表記すれば間違いはないですけど…。

ライカ様
『災難』はいい本です。私も気に入っています。
まだ読まれていないなら、『SHの新冒険』もお勧めです。
同じ文庫から出ていますので、ご一読あれ。

http://webs.to/holmes/


金曜エンタテイメント 投稿者:ライカ  投稿日:06月03日(土)00時45分47秒

今日ウチの母親が、フジテレビのサスペンスドラマ「金曜エンタテイメント」を見てたん
ですが、何やら主役の刑事が、殺人事件の犯行時、犬が吠えなかったうんぬんと、どこか
で聞いた事がある推理をしてました。新聞のテレビ欄を見てみるとタイトルが「信濃のコロンボシリーズ3」。…ホームズの間違いじゃなくて?(笑)

高田さま。>「災難」の解説、勉強になりました!最近話題沸騰中?のアドリアン氏がこ
の本にも関わっていたとは!うーん。アドリアン氏には申し訳ないが、今、下巻を楽しく
読んでるところです。…日本人でよかったぁ。

ミントさま。>「不思議な虫の事件」面白いですよね!私も大好きです!ワトソンの勝利
も痛快ですが、これを読むと「ソア橋」に書かれているペルサノ氏の発狂の原因は…。
めでたしめでたし、とは言えないようですよホームズさん。(笑)


忙しそうですね〜 投稿者:ゆかり  投稿日:06月02日(金)22時47分16秒

 学校って、行事がそんなに目白押しだっただろうか。なんて振り返ってみたり。
うう。楽しそうだー。うちの職場もそれなりに事件続きで笑えますが。
 MAMIさんお尋ねの件についてどなたかきっとお答え下さると思いますが、
えと、ついでに3月25日についてなんかも是非。お願いします。便乗便乗♪
 私は昨日からクィーンの「恐怖の研究」を読んでます。エラリィさんもホームズさんも
ダブルでかっこよくて幸せです〜。


ご無沙汰していました! 投稿者:MAMI  投稿日:06月02日(金)20時34分36秒

中間が終わったとたん夏季大会の準備と運動会でてんわやんわでした。
なんかホームズと離れっぱなしで、ちょっと生き地獄を味わっています(><)
少し落ち着いたら、今度は遠足で、すぐ期末で・・・
せっかく正典手に入れたのにー!
ドイルの息子の話や、パロディで盛り上がっているようですが、
なんと掲示板に堂々と(?)で入りしているにもかかわらず、
パロディを読んだことがないんです(><)聖典を読んだ回数すら少ないんですが
(そこまでくるとホームズ歴も短くて、結局生きた年月が短いような)
でも、いつかは絶対読むぞ!と息を弾ませるMAMIでした!
あと、ちょっと知りたいんですけど、実は私の誕生日が87年の6月3日なんですけど、
同じ6月3日にホームズに関わることが何か起きていたら、教えてください!
100年前の87年も結構忙しかったようですが、6月3日はなくて・・
もちろん、出版に関することでも、とにかくホームズ関連であれば些細なこともOKです!
久しぶりに書いてしまい、長文ですいません!


睡眠不足です〜。 投稿者:ミント  投稿日:06月02日(金)09時31分54秒

おはようございます♪
昨日はホームズさまのパスティーシュの(クリスマスの依頼人2)を読みながら
床につきました。

私は パロ・パスティーシュ(主にパスティーシュ)を読む時は
作品として楽しむよみかたと 作者のホームズさまへの愛着(?)を感じる
読み方で楽しんでいます。
人それぞれ 作品の受け止め方が違うように 贋作の作者だって自分なりの
ホームズ像をもっているはず。それが作品から表れているようで よんでて楽しいです。

ライカさんもお気に入りの(盗まれた葉巻入れ)は私も好きな作品です。
作者もブレット・ハート氏が2人を大好きだったんだな〜。と思える作品だと思います。

もう1つ 同じ(災難)のなかにスチュアート・パーマー氏の(不思議な虫の事件)という
作品がありますがこれも好きな作品です。
原作にはない ホームズがワトスンに完全に敗北(笑)するストーリーですが
ドイル氏の本物のワトスンも一度はこんなことをしてみたかったんじゃないかと
思える作品です。ワトスン医師(医師がキーワード!)が決め台詞をいつ言おう 
いつ言おうと考えている姿が可愛いです(笑)ではまた♪


「災難」に就いて 投稿者:高田 寛  投稿日:06月02日(金)09時29分23秒

これは原題を"The Misadventure of Sherlock Holmes"といいまして、エラリー・クイーン
が編集したパロディ・パスティーシュ集であります。原書の出版は1944年。つまり第二次世界
大戦の真っ最中であった訳であります。

が、この本に怒ったのが評判の悪いアドリアン君。「親父の作品をコケにするとは許さん!!」と
著作権侵害か何かで速攻で裁判を起こし、この本をたちまち出版差し止めにしちゃったのでした。まあこれが、少なくとも日本人シャーロッキアンの間で、
ぼろくそにいわれる原因の一つではあります。
面白い事に日本では、1970年以前に出版された本は版権を取らなくても、勝手に翻訳が出せる
のですね。で、今日、出版差し止めになった本の翻訳が、日本で読めると云う訳です。

この本の原書、一頃はコレクター・アイテムとして随分持て囃されて、曰く「初版だけの幻の本」
、曰く「欧米の古本市場にも滅多に出ない」、曰く「一冊10万以上の値が付く」といわれたもの
です。
しかし、威張る訳でも自慢する訳でもありませんが、小生この本を持っております。で、小生の
持っている物は日本で云うと第三刷。ロンドンに住んでいる頃に見付けた、のですが同じ古本屋で
この本を見掛ける事(2年間で)3回。御値段の方は当時のレートで換算して、1万7千円ぐらい。
どうも、未だインターネットなる文明の利器が無かった頃、あちらの古本屋のカタログの宣伝文句
が、そのまま額面通りに受け取られていた様です。
以上、御参考迄。


孝行かバカか 投稿者:膳部空蔵  投稿日:06月02日(金)08時07分35秒

高田さん、こんにちは
アドリアンがバカ息子であるいうのは、確かに「通説」という名の未検証の常識、思い込み
です。自戒、自戒。

>日本人シャーロッキアンの間では、一方的に馬鹿息子と云う事で片付けられて仕舞う様です。

ま、私もその一人ですが。

>が、先年あちらのシャーロッキアンのお偉いさん達が来た際に、何かの事でアドリアン氏の名前
>が出ると「ああ、会った事は無かったのかね。いや、あの人はいい人だった。
>本当に紳士だったよ」と、二人のシャーロッキアン(確かピーター・ブラウとBSIの会長さん、
>じゃ無かったかな)が口を揃えて褒めていたので、おやと思った事があります。

うーん。それは晩年の脂も牙も抜けた状態のアドリアンの評ではないかと思うんですが、如何で
しょう。「功績」の頃の言動を考えると、父の名誉を守る為というよりも、金の亡者状態にも
思えるのですが(当時の情報がバイアスの掛かった状態であるというのも、そうなんですが)。

>左程情報が無い人物に対して、一方的な思い込みで論評するのは避けた方が無難な様です。

これは全くご指摘の通りです。気をつけます。でも、でも。
バカ息子か孝行息子か。バカ息子説を裏付ける、新しい資料が出てこないかなあ。


パスティシュ初挑戦 投稿者:ライカ  投稿日:06月02日(金)01時03分01秒

今日、早速「指名手配の男」を図書館に借りに行ったのですが、そこで偶然、エラリィ・
クイーン編集の「シャーロック・ホームズの災難」というパスティシュ集(と言えばいい
んでしょうか?)を見つけました!小学生の頃はホームズよりもクイーンの小説ばかり読
んでいた私にとって、エラリィ・クイーンの選んだホームズ・パスティシュの本があるな
んて!と一人図書館で興奮し、もちろん借りてきました!

で、今日初めて、パスティシュ(っていうより、パロディ?)なるものを読んで、ひとつ
気付いた事が…。自分、ホームズが茶化されるのは素直に笑えるのですが、これがワトソ
ンとなると、少なからず腹が立つようです。(笑)変な話ですが、パスティシュを読ん
で、自分の中でワトソンもホームズに匹敵する程のヒーローなんだなぁー、再認識させら
れてしまいました。
「シャーロック・ホームズの災難」の中ではブレット・ハートという人が書いた「盗まれ
た葉巻き入れ」が面白かったです。ワトソンのホームズを信頼する気持ちを、かなりブ
ラックに?茶化した作品で、読んでて、かなり怒りつつも、最後の1行に思わず吹き出し
てしまいました。個人的にオススメです!


ありがとうございます♪ 投稿者:ミント  投稿日:06月01日(木)20時25分32秒

ドイル氏の末子の(ですよね)アドリアン氏についてのお答え ありがとうございます。
やはりどの世界でも 親があまりに有名だとジュニアは大変といったところなのでしょうか。
作品の(作者の)裏側というのも 良しにつけ悪につけ ファンにとってはたまらないものです。
しかし 贋作とはいえドイル氏の創作メモなどからおこした作品ということで
もう一度 (S・Hの功績)を読みたくなりました♪

私事ですがおきにいりの作品(お気に入りのシーンがはいっている)を2つ・・。
(普通 1つですが・・笑)
(3人ガリデブ)という作品ですがトリックとしては(赤毛連合)と類似していますが
ワトスンが撃たれてでホームズが心配するくだりがありますね。
これを読んだとき改めてワトスンはホームズにとって大切な親友なのだと思いました。
時々見せるホームズさまの優しさがすきです。

もうひとつは(技師の親指)です。最後にホームズさまは(経験が得だ)というようなことを
言いますよね。学生時代読んだわたしは 目から鱗で それから目に見えないものの
大切さを学んだようなきがしています。

とにかくホームズさまはかっこいいですよね♪ではまた。


倅アドリアン氏に対する弁明 投稿者:高田 寛  投稿日:06月01日(木)09時16分46秒

馬鹿だったか否か、面識があった訳じゃないので当然知らんのですが、
一方的な言われ方をされっぱなしなのも何なので、ちょいと弁明をば。

アドリアン氏は故長沼弘毅氏ですら、好意的では無かった所為か、
日本人シャーロッキアンの間では、一方的に馬鹿息子と云う事で片付けられて仕舞う様です。

が、先年あちらのシャーロッキアンのお偉いさん達が来た際に、何かの事でアドリアン氏の名前
が出ると「ああ、会った事は無かったのかね。いや、あの人はいい人だった。
本当に紳士だったよ」と、二人のシャーロッキアン(確かピーター・ブラウとBSIの会長さん、
じゃ無かったかな)が口を揃えて褒めていたので、おやと思った事があります。

作家としては、確かエッセイの類を書いていたか、と思いますが本人が思って居たほどには、
才能に恵まれてはいなかった様です(そこそこ筆はたったのでせうが)。

「功績」の単独執筆部分に就いては、「きっとカーからテクニックを学んで、後は自分でも書ける
から、とカーを追い出したんだぜ」と云う評が一般的な認識の様です。
が、最新のカーの伝記を読むとさにあらず。実は飲んだくれ者だったカーが、共同執筆を半分程
進めた所で、アル中状態になって一方的にリタイアしちゃったので、アドリアン氏が苦心惨澹、
どうにか残り半分(出版社とは全12編の執筆契約だったので)を書き上げたのだ、そうです。 

左程情報が無い人物に対して、一方的な思い込みで論評するのは避けた方が無難な様です。

カーの伝記の記述で面白かったのが、カーがアドリアン等からの依頼でコナン・ドイルの伝記を
執筆した際の事。
カーは当然、ドイルの家に泊まり込んで、アドリアン等と資料をひっくり返しつつ構想を練って
いたのですが、古い家なので夜になるとあちこちきしんだりする音が聞こえてきたとか。
と、アドリアン氏、「ああ、お父さんが来てるんだ」とのたまわったそうです。
馬鹿かどうかはともかく、ちょっと危ない人物だった、のかも知れません。
長くなりましたが御参考迄。


功績 投稿者:膳部空蔵  投稿日:06月01日(木)08時03分43秒

ミントさん、こんにちは
「世の中には初歩的問題など無い。答えを知っている問題と知らない問題の二種類がある」
トわたしの学校の先生には教わったんですがネ(^^;お役に立ちましたら幸いです。
さて。
>ドイル氏の息子のアドリアンしの名前がでましたが このかたディクスン・カー氏と
>一緒に(S・Hの功績)を書いていますよね。
>もともと作家だったのでしょうか。それともホームズ生みの親の子供だから・・・と いう
>理由で 書かれたものなのでしょうか。

ドイルのとこのバカ息子だからです(^^ゞ 彼は父の遺品であるメモや何かを押さえていまし
たからね。アイデアは父から小説作法はカーから教わったというとこでしょう。でも、カー
との合作はいいんですが、単独執筆作はあんまり出来が良くないような気がします。


映画の話 投稿者:李徴  投稿日:05月31日(水)21時22分15秒

 李徴でございます。映画の話と言ってもホームズ映画ではありません。
 5月26日付の中日新聞夕刊に宣伝が出ていたのですが、その映画のタイトルは「鬼教師
ミセス・ティングル」(すごいタイトル)。なぜここでその映画の話が出るかというと、出
演している俳優の名前がケイティ・ホームズとバリー・ワトスンなのですよ。しかもケイ
ティ・ホームズの演じる役名がリー・アン・ワトスンなのですね。この映画のプロデュー
サーはシャーロッキアンなのではなかろうかと思ってしまいます。(蛇足ながら、ホームズ
物語以外で「ワトスン」という日本語表記は珍しいのではないでしょうか。)
 内容はホームズとは何の関係もないのですが、高校生が試験の問題を盗み出すシーンが
あるそうで、そこはちょっと「三人の学生」風かなと思います。
 この映画についてもっと詳しく知りたい方は(そんな人はいないか)
http://www.onikyoshi.comをご参照ください。
 すみません。つまらない話で。怒らないでね。


問題は解決しました。 投稿者:ミント  投稿日:05月31日(水)20時39分07秒

膳部空蔵さんをはじめ(指名手配の男)に関しての書き込みをしてくださった方々 
詳しいご説明ありがとうございます。
長年の問題は解決しました。皆様にとっては「初歩だよワトスン」と 言った所でしょうか(笑)

ドイル氏の息子のアドリアンしの名前がでましたが このかたディクスン・カー氏と
一緒に(S・Hの功績)を書いていますよね。
もともと作家だったのでしょうか。それともホームズ生みの親の子供だから・・・と いう
理由で 書かれたものなのでしょうか。

私もルパン三世大好きで見てました♪(カリオストロの城に感動したものでした。)
ルパンといえば ルパン対ホームズでホームズが誤ってルパンの恋人(でしたっけ?)を
撃ってしまうばめんを読んだときには頭の中が真っ白になりました。
贋作を読む時は 別人のホームズさまと割り切って読むことにしている私ですが
あれはさすがに 贋作でも許せなかったです(笑)
いずれ 機会があればルパンがわから よんでみようとは思っていますが
そうすれば 受け止め方も違ってくるのでしょうね。


フムフムさんへ 投稿者:亮くん  投稿日:05月31日(水)06時52分57秒

 僕もルパン三世、大好きですよ。
 テレビ・シリーズではジブリの宮崎さんが一時期担当されていたと思うのですが
その辺りが一番好きです。
 僕の場合はそのシリーズよりも少し前から見ていますよ。
 って、書いたらおおよその年齢が分かってしまいますが・・・・。(^^;
 でも、好きなのは事実ですよ。
 映画の方では題名は忘れましたが、クーローン人間のマモーが出てくるのと「カ
リオストロの城」が好きですね。
 ですから、そんなのもアリですよ フムフムさん。


こんなのアリです? 投稿者:フムフム  投稿日:05月31日(水)00時42分26秒

ホームズとの出会いが話題になっているようですね。
私も、いつが最初かはっきりした記憶がない人間の一人です。
小学生のころだと思うんだけど・・・、と言う具合です。

そして、こんな私はルパン三世大好きなんですが、OKですか?(笑) 


なるほど〜。 投稿者:ライカ  投稿日:05月31日(水)00時28分03秒

膳部さん、とっても分かりやすい解説、ありがとうございます!
なるほど〜。その当時の世間の大騒ぎぶりは、さぞスゴかったでしょうね。
現に自分だって、昨日、パソコンの前で1人で大騒ぎしてましたから。(^_^;
でも、贋作といえども、そんなエピソードのある作品は見逃せませんね。HALKAさんからも
情報をいただいた事だし、(ありがとうごさいます!)これは読んでみなければ!


指名手配の男 投稿者:膳部空蔵  投稿日:05月30日(火)12時31分53秒

記憶で書くので、多少間違いが有るかもしれません。

ライカさん、こんにちは
>ところで、ミントさんの書き込みから話題になっている「指名手配の男」ですが、それっ
>て、ドイル氏の書いたホームズ小説なのでしょうか?だとしたら、そんな幻の(?)作品

幻も幻。贋作です。ドイルの死後に遺稿のなかから原稿が発見されたんだそうです。それを
バカ息子のアドリアンは間違いなくドイルの作品として認めました。世間は大騒ぎになりました。
なにしろ諦めていたホームズの新作がまた読めるんですから。その61番目の事件記録が
「指名手配の男」です。雑誌に掲載され、当時の全集には収録され、もちろん雑誌社や出版社は
アドリアンに、法外な金をふんだくられました。ところがそれはドイルがアーサー・ホィテッカー
とかいうおっさんがドイルのとこに共著にしてくれこのネタ買ってくれと送った原稿だったんで
すな。アーサーおじさん自身が名乗り出たんで明らかになったんですが、おっさんが死んだりし
ていたら、真作として残る可能性もあった訳です。結局、ドイルはお金は払ったんですが、共著
にも何にもしないでネタとしても使わずにお蔵入りにしておいたんです。
バカ息子の往生際が悪いせいで、訴訟沙汰にもなりましたが、いまでは贋作として楽しむことが
できます。

ミントさん、こんにちは
>指名手配の男で長年疑問に思っていたことは
>*やはり贋作なのか(ならばなぜ 著者がドイル氏になっているのか)
> わたしがもっている講談社の本には あとがきにホイティカー氏の名をあげているにも
> かかわらず ドイル氏になっています。(なぜ!)

その本は各務三郎編のホームズ贋作展覧会だと思いますが、それは編者の洒落でそうなっている
のであって、贋作には変わりありません。

>*いままでに優れたパロ・パスティーシュがかかれて来ましたが
> なぜ この指名手配の男だけが ドイル氏の真作といわれているのか。
ライカさんにお答えしたような事情で一度はドイルの遺族によって真作と認められたからです。
内容の優劣ではありません。


記憶ナシ…… 投稿者:ごま  投稿日:05月30日(火)12時29分20秒

私がはじめてホームズさんに出会ったのは…小学校の図書室ですが、
残念ながら、出版社もなにも覚えていないんです。まだらの紐だったと思いますが。
その後、中学時代にピアノの先生のところで「世界名作全集」みたいなのの
イギリス編でチラリと読んで、
高校時代に、新潮を買いました。
(ルパンは、小3ぐらいの時、ポプラ社の奇岩城をピアノの先生のおウチで読んだ
という記憶があります。)

あと。
うちにも管理人さんと同じ小学館の「名探偵ホームズ全集」がありますが
挿絵、ちょっと情けないですよねぇ(そんなこと思うのは私だけ?)


も〜嬉しくって・・・ 投稿者:ミント  投稿日:05月30日(火)09時36分04秒

管理人さんをはじめ 皆様ありがとうございます!嬉しくってっどーしようもありません!
まずはお詫びを・・。こちらにお邪魔して間もないというのに 名指しでカキコなど
してしまい もし不愉快なおもいをされた方がいましたらお詫びいたします。

しかし今までまわりに「ホームズ」を知らない人はいませんでしたが 語り合える人に
めぐり合えなかった私は HPにお邪魔してとにかく嬉しくてしょうがなかったのです。
すみませんでした。これに懲りず またお話してくださいね♪

指名手配の男で長年疑問に思っていたことは
*やはり贋作なのか(ならばなぜ 著者がドイル氏になっているのか)
 わたしがもっている講談社の本には あとがきにホイティカー氏の名をあげているにも
 かかわらず ドイル氏になっています。(なぜ!)
*いままでに優れたパロ・パスティーシュがかかれて来ましたが
 なぜ この指名手配の男だけが ドイル氏の真作といわれているのか。
 いろいろな解説を読みましたが (稀講本ハムレット)などのほうが
 賞賛を受けてる記事がめにつくのですが・・・。なぜ!
(皆様にとってはたわいのない 疑問でしょうが・・・)

長くなってすみません。私の長年の疑問です(笑)教えてくださ〜い!
(お気に入りの贋作はまたのちほど 語らせていただきます♪


ウムウム。 投稿者:亮くん  投稿日:05月30日(火)07時24分20秒

 僕がホームズと出会ったのは下の方に書いた通り小3・4年の頃でした。
 何故、その子供向けの本が有ったのかは分かりませんが“家に気が付いたら
有った”って感じでょうか。
 今ではホームズに一途ですが、小学校の5・6年生の頃に明智 小五郎やル
パンに脱線した事が有ります。
 明智探偵はホームズとは別の格好良さが有るように思われたのですが、未だ
にルパンに脱線したのか分かりません。(^^;
 ただ、その時の友人ではっきりルパン派でホームズは嫌いと言われた記憶が
あります。(ルパン・シリーズのどの作品だったか、ホームズがルパンの奥さ
んを誤って撃ってしまったのが原因らしいが・・・。)
 でも、僕はホームズが一番大好きな探偵さんです。

 パロ・ハロディシュ含めてホームズ関係の本は殆ど買っていません。
 だって量が多すぎて・・・・。(^^;
 だから、僕が興味を示した物だけしか買わないようにしましたが家の近くに
古本屋を見つけてしまったので、「どうなることやら」って感じですか。
 安くて中身の充実した本が良いナァ。(^^)

 おっとと、最近長文になってしまっている亮でした。
 ではでは。


The Case of the Man Who Was Wanted 投稿者:HALKA  投稿日:05月30日(火)01時50分02秒

指名手配の男は、アーサー・ホイティカという人の作品らしいですね。
小学館の版を探すまでも無く、河出の『ホームズ贋作展覧会』や
勉誠社の『SH 知られざる事件』(こちらでは「シェフィールドの銀行家」という題名)
などに出ています。
エイドリアンと訴訟になったいわくつきの作品だそうで。

私がホームズとであったのは小学三年生のころで、小学館の本でした。
その後、明智探偵などと付き合ったり、SFを漁ったりしていてご無沙汰だったのですが、
中学に入って英語で「六つのナポレオン」を読んではまりました。

掘り出し物といえば
今年に入ってから『世界』と『紫煙』を各1000円で買いました。
李徴さんは950円ですか。50円の敗北です。

http://webs.to/holmes/


求むる男??? 投稿者:ライカ  投稿日:05月30日(火)00時28分03秒

ココのところ、毎日のようにお邪魔してるライカです。皆さんのホームズ初めて物語り
(?)とっても楽しく読ませて頂きました。それにしても、小学校3〜4年生とホームズ
氏を結び付けるモノはいったい…。今の小学生の中にもきっと、ホームズ氏に出会って、
ドキドキしてる子や、挫けてる子、私の様に怒ってる子もいるのかなぁーなんて考えたら
チョット嬉しくなったライカでした。

ところで、ミントさんの書き込みから話題になっている「指名手配の男」ですが、それっ
て、ドイル氏の書いたホームズ小説なのでしょうか?だとしたら、そんな幻の(?)作品
があるなんて、全然知りませんでした。管理人さんの書き込みによると、小学館の「名探
偵ホームズ全集」で読む事が出来るんですね!図書館へ急がねば!


わかるわかる! 投稿者:ゆかり  投稿日:05月29日(月)22時30分41秒

 MAMIさんのお気持ち,よくわかりますー! 「四つの署名」,
挫けますよねーっ。私は中学二年生だったんですけど,「緋色の研究」も
挫けました(笑) どこでって,突然違う街で違う話が始まるんだもん(笑)
「ちょっとー,ホームズさんはどこ行ったのよう」なんて思って,
しまいにはとばして読んでました。だからちっとも筋が通らなかったけど,
ホームズがカッコイイからいいや,と〜。なんてことを。
あの頃はカタカナの電文を読むのもめんどくさくてぶちとばしてた私です。
ホームズさんの短い電文は嬉しかったわ。あはは。
 「四つの署名」,最近読んだらワトソンさんがメアリに惹かれていく描写で
どきどきしてしまいました。前はホームズさんと同じでがっかりしてたんですけどねぇ。
自分次第で物語も変わるんですね〜。なんか不思議です。
 


求むる男 投稿者:李徴  投稿日:05月29日(月)22時21分06秒

 李徴でございます。膳部さん曰く、

>「指名手配の男」が真作として収録されているんですな。(ここで
> の訳題は「求むる男」でしたっけか>李徴さん)

 その通り、「指名手配の男」は延原訳では「求むる男」です。私はこの作品が収録
されている月曜書房版の「事件簿II」を博多駅の古本市で百円で買いました。その時
は小躍りして喜んだものです。余談ながら、この本と、名古屋の古本屋で950円で
買った長沼弘毅の「シャーロック・ホームズの世界」(最近出たマーティン・ファイ
ドーの本とは別)が私の掘り出し物の双璧です。
 但し、延原さんは月曜書房版の「事件簿II」のあとがきで「作者はなぜこれを未発
表にしてしまったのか(その理由だけは分るような気もするが)」と書いています。ま
た、この作品が割愛された新潮文庫の「叡智」の解説で、延原さんはこの作品につい
て「ドイルが生前発表を差控えたほどの作であるから、この本には取入れないことに
した」と書いています。(この記述は現在の新潮文庫からは削除されています。)さす
がにホームズ物語翻訳の第一人者だけあって、延原さんは「指名手配の男」は何かが
違うと気付いたのでしょう。私には分かりませんでしたが。


はじめに読んだのは・・・ 投稿者:MAMI  投稿日:05月29日(月)18時57分39秒

 えっと確か、発生順になって、1巻2篇入ってるシリーズの
「ノーウッドの建築士/3人の学生」でした。ただ、そのときは
「すごいなー」程度。(小4の頃)
 で少したって小5のとき、何か読むのを探していたとき、
偕成社の「緋色の研究」が目に入り、「名探偵コナン」を見てて少し
知っていたので、読んでみたんですが、つぎに「4つの署名」でダウン。
 で、そのときも、はじめ読んでいたシリーズ読んでいたんですが、
短編のほうが分かりやすくて、短編ばっか読んでいました。でそのあと、
図書館で、偕成社でも短編あるのかな―と探して
(2つのシリーズが同じ物語だとは知らず)で「事件簿」っていかにも
短編集なのを読んだら、はまって、長編4つに短編集5つだということを知って・・
で、もう1度はじめから読みは始めたのは小5に末期。この頃は始め読んだ
シリーズの順番がめちゃくちゃだとか怒っていたりしたんですが(無知に近くて)
で、強打いん事とか、ミスった事件とか、死んでしまうとか、復活するとか、
少しずつなんか知ってきて、どんどんつぼにはまって。それに小6の誕生日に
(6月3日なんですけど)いつも母はプレゼントくれないんですが、
そのときに「図説SH]をくれて、感激して、ホームズ物語の深さを知って、
今年の1月にはPCも手に入って、たくさんのシャーロッキアンの方を知って、
ホームズ物語の底なし沼(?)の中に入ってしまい、今にいたっています。
ッていっても、本格的に読み出して、日がなんと浅いのか・・・
 なんか久しぶりに現れて、こんなに長文で、すいません。また月末に期末ですが、
それまではちょくちょく来ます。この2週間全くっといっていいほどこれなくて
少し生き地獄になっていたMAMIでした。


管理人ですけど・・・ 投稿者:Master(管理人)  投稿日:05月29日(月)15時40分39秒

みなさんこんにちは。

私もやっぱり小学生の頃でした。<ホームズとの出会いがですよ。
学校の図書館と言うよりは、母に買ってもらったんですけど。
小学館の「名探偵ホームズ全集」です。挿し絵は正典のものとは
全く違いますが、今見ても、とても好感の持てる人物に描かれて
います。全部で15巻。残念なことに発表順にはなっていませんが。
裏表紙に、収録してある中から一作品を選んで、その予告がかか
れています。またこれがすばらしくワクワクさせてくれる文句な
んですよね。

そして収録作品集は61。61作品目とは「ねらわれた男“The Case
of the Man who was Wanted”」です。ミントさんがおっしゃっ
ている「指名手配の男」ですね。延原訳の月曜書房版とおなじく、
この小学館の全集もこの作品を収録しています。ただ、この訳者
久米みのるさんは、あとがきの中で、この作品の背景を説明なさ
った後、こう述べられています。「でも私は思います。この作品
が本物かどうかを、判断して下さるのは、読者である皆さんでは
ないだろうかと。もし、皆さんが、面白いと思われたなら、それ
が本物である何よりの証拠なのですから。」

 少々説得力に欠ける説明ですが、私はこの作品好きです。パロ
ディやパスティーシュを読まない私ですが、「全集」として当然
のように収録されていたので、すんなり読んでしまいました。こ
の作品に対する予告はこう書かれています。
「英国連合銀行のエリート行員から偽造小切手で現金をだまし取
った・・・。波高き大西洋を、豪華客船で逃亡を企てる犯人と、
これを追う敏腕刑事。だが我らのホームズはじっと様子を見守っ
ている・・・。」
うーん、実にワクワクするじゃないですか(笑)。

>ミントさん
初めまして。お返事が遅くなりましてすいません。
このHPはたくさんの方に支えられて今日まで来ております。
その一員に是非ミント様も加わって下さいね!よろしくお願いします!
私はまだまだ若輩者で、HPを運営しているにもかかわらず、知らない
ことが山ほどありまして、日々掲示板などで皆さんのホームズ観の深さ
に敬服しています。さて、このHPの各コーナーでは聖典のみを扱って
います。しかしながら、掲示板やチャットなど、皆さんとの交流の場
ではそのような制限は全くありません。
是非これからもご参加下さいませ!

PS.アンケートの処理に時間がかかっています。せっかく投票して下さ
   ったのにどうなった?とお思いの方、ごめんなさい。もうしばらく、
   もうしばらくお待ち下さいませ。

http://hb5.seikyou.ne.jp/home/221b/


私も、管理人じゃないけど 投稿者:膳部空蔵  投稿日:05月29日(月)12時20分29秒

私のホームズ体験は「まだらの紐」「ブルース・パティントン設計書」
「ぶな屋敷」などが収録された某社の児童向け世界文学全集でした。
私もやはり読んだのは小学三年生の夏です。小倉−大阪間のフェリー
の二等船室の布団の中でした(^^ゞ。他にキップリングの「リッキ・
ティッキ」とか入ってましたっけ。ホームズの挿絵は今にして思えば
武部火星シリーズ&ターザン*{一郎画伯だったんですな。
非ジュプナイル版は多分ハヤカワの大久保訳か角川の鮎川訳が最初
だったと思います。同じ話を訳者別に読み分けると言う小生意気な
ガキでした。<思い出しても恥ずかしい

しかしなんですな、小学校三年生、四年生。この辺に皆さん共通の
根源(^^ゞがあるとはね。私のこの頃の読書傾向は、ホームズ、SF、
怪人二十面相、チャンバラ物に、落語。うーん、まんまやんか。

ミントさん、こんにちは
「指名手配の男」とはまた渋い。延原訳の月曜書房版という全集が
有るんですが、これは全61話収録という希有な全集です。そう、
「指名手配の男」が真作として収録されているんですな。(ここで
の訳題は「求むる男」でしたっけか>李徴さん)
でも、後書きで延原は真贋については疑問を呈しているんで、感心
した覚えがあります。
これからも、どうぞよろしく


管理人じゃないけど・・・。 投稿者:亮くん  投稿日:05月29日(月)12時00分05秒

 こんにちわです、ミントさん。
 僕は管理人さんじゃないけど、ここのサイトはパロディー・パロディシュOKの
ところですから、疑問な事があれば挙手して(笑)質問してみてください。
 皆さん、いろいろと答えて下さいます。
 僕なんて知識薄からなぁ〜、ちゃんと答えられるか心配です。(..;
 ではでは、またぁ〜。


文庫からでした。 投稿者:ミント  投稿日:05月29日(月)08時45分10秒

確か 中1のころだったと思います。
忘れもしない講談社でした。今思えば講談社からでよかったでしょうか。
新潮社からはいっていたら 難しくて大変だったとおもいます。(私には・・)

冒険から読んだので 最初ホームズものはホームズさまの恋愛もあり!と
おもったこともありました。(若かったのね笑)

そののち読み進めていくうちに ホームズさまの人間性 ワトスンとのかけがえのない
友情 時代背景 など心惹かれるものばかりで いつのまにか
「愛読書は?」と訊かれると ホームズさまをあげるようになっていました。

そのあとは ホームズと名がつけば反応してしまうありさまです(笑)

♪管理人さま すてきなHPにおじゃまさせていただいています。
 こちらは聖典のみの取り扱いでしょうか パロディ パスティーシュの
 話題もよろしいのでしょうか。
 実は 1つパスティーシュで疑問におもってることが あるのです。
 指名手配の男に関してですが・・・。
 お許しいただけたときに またこの疑問を表記したいと思います。では♪


確かねぇー・・・。 投稿者:亮くん  投稿日:05月29日(月)07時45分29秒

 確か、僕が始めて読んだのも小学校の3年か4年位で出版社は覚えていませんが
「赤毛連盟」「瀕死の探偵」「まだらの紐」と後もう一作品あったと思います。
 子供向けの本だったのでポプラかどこかだったと思うのですが・・・。
 今でもホームズは格好良いと思いますが、あの頃は彼みたいな大人になるんだっ
て真剣に思ってましたね。(^^;
 “今は格好良いけど・・・・。”って感じかなぁ。(^^;
 しっかり、読み出したのは高校の時でした。
 僕も李微さんと一緒で間違って「最後の事件」と「空家の冒険」を逆さに読んで
しまった記憶があります。
 ですが「最後の事件」の最後の方を読んでいて「ホームズが死んじゃう。」って
泣いちゃった事がありますよ、「空家の冒険」と言う続きがある事を知っててもね。

 僕自身が持っているホームズ本で最も古い本は初刷りが昭和5年2月1日の初売
りが同年・同月5日で、昭和21年の6月10日の第2版刷りの物です。
 大戦直後の本なので、もう紙がボロボロで表紙の題名が霞んじゃって(多分、祖
父の字だと思うが)、男の人が題名を上から書き直してます。
 しかも定価は8円で「定価」と言う字も「円」と言う字も昔の字なもので、一瞬
笑ってしまいます。
 中身は「株式仲買人」「グロリア・スコット号」「入院患者」「黄色な顔」「レ
イゲートの大地主」が収録されています。
 紙がボロボロなので丁寧に扱いながら読まなくてはならないのですが、まだ字の
使い方が古いので「はい〜?。」と言った感じですが、これはこれで随分楽しめま
す。
 何かの機会にお会い出来たらお見せしたいと思ってます。
 あっ、長文になってしまって申し訳ないです。
 ではでは。


初めてホームズ氏に会った時の事。 投稿者:ライカ  投稿日:05月29日(月)01時41分05秒

私がホームズ氏に出会ったのは、小学校3〜4年生の時です。
初めて読んだのは、忘れもしない「バスカヴィル家の犬」!
その時の事は、今でも鮮明に覚えていますよ。なぜなら小学生の私は、光る犬のトリック
に、かなりご立腹でしたから。(笑)
あの頃は、若かったなー。


ホームズさまに惹かれたきっかけ 投稿者:藤吉蔦子(おつた)  投稿日:05月28日(日)23時01分41秒

私はポプラ社のホームズ物語が最初ですね。<私のHP参照(ってちょっと宣伝したりして)
その後、延原訳でちょっと大人っぽい快感を味わい、(笑)
研究書を読みあさってJSHCのことを知ったんです。
私は「最後の事件」を最初に読んだときのことは一生忘れません。あと「瀕死の探偵」も!
あぁホームズさまったら、人をはらはらさせる名人でいらっしゃるぅ

それにしても
私がホームズさまや孔明様に見事にはまったのが小3のときでした。
9歳10歳の頃って教育用語(?)でいうと、ギャングエイジっていって、
良くも悪くも重大な転機になる時期なんだそうです。
(小3〜小4で分数が出てきて、算数も難しくなるので、9歳の壁ともいうのです)
そう考えると、この時期ホームズさまと孔明さまに出会えた私は幸せだったのかなぁ(笑)
なーんて思います。
ホームズさまのおかげで楽しいし、きっと幸せなんだわぁ♪(お気楽)

http://www.geocities.co.jp/Bookend/1878/


最初のホームズは? 投稿者:李徴  投稿日:05月28日(日)22時01分57秒

 李徴でございます。私は「ワトスン」派です。理由は、最初に読んだ正典がそうだった
からです。(すみません。単純で。)
 ところで、皆さんがホームズ・ファンになったきっかけは何ですか? 私は小学校五年
生の頃だったと思うのですが(何年前かは聞かないでね)、父が買ってくれた小学館の「少
年少女世界文学全集」に入っていた久米元一訳の「ホームズの冒険」が最初のホームズで
した。内容は「緋色の研究」、「赤髪組合」、「瀕死の探偵」の三作品でした。「緋色」
の冒頭でホームズが犯人の特徴をズバリと言い当てるところを読んで、「おお、すごい」
と思ったのがきっかけでした。
 その後、近所の親戚の家にあった延原訳のハードカバーのホームズ全集(新潮社)を読み
始めたのですが、延原訳はただでさえ言葉使いが難しいのに、この本は当時でさえもかな
り古い版だったので、漢字も難しくて苦労しました。
 この時私は重大な過ちを犯してしまいました。「空家の冒険」を「最後の事件」よりも
先に読んでしまったのです。これは失敗でしたね。MAMIさん、この二作品はもう読み
ましたか? まだだったら、悪いことは言いません、「最後の事件」の方を先に読みなさ
い。ちくまの全集を買ったのなら、最初から順番に読んでいけば問題ありません。 


パジット 投稿者:HALKA  投稿日:05月27日(土)14時50分39秒

高田様
某大先生は、英文学者じゃないですからねぇ。
別に専門の翻訳家というわけでもないし。
なににせよ、統一されないのはいけません。

ミント様
私もそういう時期がありましたっけ。
でも、気分はいまでも初心者です。いつもフレッシュ(なつもり)。

そうそう、2冊ホームズ関連の本が出ました。
面倒なので、私のところで見てくださいませ。
とかいって誘導(^^ゞすんません。

http://webs.to/holmes/


パジットの表記に就いて 投稿者:高田 寛  投稿日:05月26日(金)18時58分25秒

これに就いては小生、某大先生と直接議論をした事があります。
某大先生の根拠は、今から30年ほど前に出た三省堂の「英語人名発音辞典」に
そう出ているから、と云うものでした。小生は辞典に載っているからと云うだけ
では、余りに希薄であり、また前述の理由から断固パジェットである、と思うのであります。
数年前に、クラブの大会で英国人シャーロッキアン来たので、この人が何と発音するか、
耳をそばだてていたのですが、誰に聞いてもパジェット、にしか聞こえぬ発音をしました。
それでも直さないので、処置無しです。

他にも「曲がった男」に出てくるバークレー大佐も、河出版では延原流の時代遅れの
「バークリ」となっています。これも同じ綴りの銀行は、日本名を「バークレイズ」と
しているのだから、と校正刷りの段階で再三申し入れたにも関わらず、とうとう「バークリ」で
押し通されてしまいました。
そのくせ、同じ綴りの通りの名前は、「バークレー通り」と訳しているのですから、
始末が悪いったらありゃしない。(原文の綴りはBarclay(s)、であります)

と云う訳で、パジットの表記は間違って居ると思う次第であります。


こんにちわ、ミントさん 投稿者:亮くん  投稿日:05月26日(金)17時06分18秒

 こんにちわ、ミントさん。
 ホントなら、こちらから声をお掛けしなければ
いけないのですが・・・。(^^;
 僕はJETさんの漫画は好きなほうで良く買っ
ています。
 僕の好みから言えばコナン・ドイルのホームズ
の漫画化した物と「倫敦魔魍街」が好きです。
 後、「エアリー・クイーン」(?題名、不確か
ですが、親父が警察関係の人で息子が作家謙探偵
の奴)が好きです。
 確かこれも洋物の漫画化です。
 これは全て僕の好みなので、ご自分でしっかり
見て決めて下さいね。

 あっ、そう言えば僕も一時期、アイリーンに嫉
妬したり、ホームズが滝から落ちた所を読んだだ
けでボロボロ泣いてしまった事がありますよ。
 あーっ、なんと純粋な時期があった事か。(^^;
 でも、ジェレミー・ブレットのホームズは僕に
とって永遠です。
 もち、マイクロフト兄さんもです・・・。

 では、長文になったのでこの辺で失礼します。


買ってきました。 投稿者:ミント  投稿日:05月26日(金)16時05分21秒

遅ればせながら 今日原書房からでている (ミステリーハンドブック S・H)を
買ってきました。知っている事柄もおおいけど いまさらでも「おお〜 そうなんだ〜!」
と いうこともあり 購入しちゃいました。
シャー とかホームなどというロゴに反応してしまう習性はもう治りません(笑)

★おつたさん(・・でよろしいでしょうか?)
 こちらこそ どうぞよろしく!先生ですか?たいへんですね〜。
 でも私が学生だったらおなじ趣味の先生がいるなんて嬉しくなっちゃいます♪
★ライカさん
 私はTVでしていた吹き替えでしか見たことがないので
 おもわず「おお〜!字幕で見たい!」と思っちゃいました。
 ホームズさま(ジェレミーさま)の こけるお姿が愛しいです!
 訳される前のちょっとしたシャレが解るともっと楽しめるのでしょうが
 学のない私には 至難のわざです(笑)

★高田寛さん 
 私も初めて読んだ本がパジェットだったので(そんな理由で・・)
 パジェットです。でも 高田さんがおっしゃった理由でしょうか?
 今日購入した本もパジットでした。

★亮さん UNAGIさん
 私も JETさんの買いました。
 海軍・・のマイクロフトにつっこまれ ちょっと困惑ぎみのホームズさまが
 可愛いです♪ 聖典では想像できづらいシーンですよね。
 作者がほんとに好きで楽しんで書いてるなぁ と思える作品ですね。
 このほかに JETさん作のホームズ作品があれば教えてください。

聖典 パロディ パスティーシュ ets・・
いろいろ意見もあるようですが S・Hと名がつけば反応してしまいます。
愛するがゆえと お許しください(笑)


テストテストテスト! 投稿者:藤吉蔦子(おつた)  投稿日:05月26日(金)01時04分44秒

はぅ。テスト作りが終わり、採点作業に入りました。(まだまだ寝るわけにまいりませぬ)
生徒のときもテストは厭でしたが、教師になってもテストは大嫌いです!
(だって、生徒はテスト受けたら終わりだけど、教師には採点があるんだもん(泣))

>MAMIさんへ
 初の中間テスト大変だと思いますけど、頑張って勉強してくださいましね〜(応援)

>ミントさんへ
 なんだか私と同類のような書き込み、嬉しいです(笑)
 私たちきっと仲良くなれると思いますわ!これからもよろしくお願い申しあげまする。



http://www.geocities.co.jp/Bookend/1878/


(無題) 投稿者:ミント  投稿日:05月25日(木)17時39分21秒

はじめまして♪
ホームズさまを 愛してしまってから(笑)
1?年の私です。冒険でひとめぼれし 回想で
ドイル氏をうらみ 帰還で狂喜乱舞したのを
昨日のことのように 思い出します。

グラナダのホームズさまをVIDEOでなんども
みていましたが 母の手違いで消されてしまったあの日・・・。
食事がのどをとうらなかったのを覚えています。(笑)

アイリーンアドラー嬢に嫉妬の炎をもやし
自分の部屋にガス灯がほしいと思ったあの日・・・。

ホームズ氏は永遠の愛しいお方です♪

ホームズさまとワトスン氏のかけ合い
霧に煙るロンドン 馬車 ets・・・
わたしがこの場で語らずとも 皆様勿論おわかりでしょうが
たまらなく 愛しいですよね!
これから ときどきおじゃまします
よろしくね♪


ワトソン?ワトスン? 投稿者:藤吉蔦子(おつた)  投稿日:05月25日(木)07時10分23秒

お久しゅうございまする>UNAGI殿、ライカ殿&みなみなさま
中間テストがまだできていなくて、早起きして朝御飯も食べずにPCに向かってるというのに
此処に書き込みして遊んでる場合か〜と思いつつ(笑)私も一言!

私はワトソンが目に慣れているせいか、愛着があります。
よく覚えてないんですけど、ポプラ社のホームズ本が「ワトソン」表記になってませんでしたっけ?
でも、グラナダホームズとかで露口さんの声(きゃーステキ)で聞くときは「ワトスン」のほうが
スッキリしてていいと思う私(だってなんかネイティブっぽい)

パジェットについては、私もパジェットがいいと思います!<高田殿
日本語としてカタカナ表記する以上、限界はありますが、できるだけネイティブに近い発音を
するべきだと思うからです。
(本音はパジェットのほうが格好いいから・・・どこまでもミーハーな私)

UNAGI殿、HPお持ちだったんですね♪
遊びに行かせていただきますね♪うちともリンクしていただければ嬉しいです〜♪

あ、もう遊んでないで仕事しよう・・・

http://www.geocities.co.jp/Bookend/1878/


長い書き込みでごめんなさい。 投稿者:ライカ  投稿日:05月25日(木)00時58分25秒

久しぶりに遊びに来ました!ライカです。
何やら「ワトソン」か「ワトスン」で盛り上がってますね。私はごまさんといっしょ
かな。活字では「ワトスン」の方がしっくりくるのに、書く時や口に出すと「ワトソン」
になってしまう…。

さて。自分、今スゴく嬉しいのと同時に落ち込んでます。というのも、最近グラナダTV
のドラマを見直してるのですが、(最初に言っておきますが、字幕版です。)「海軍条約
事件」で、ゴロという名の青年?がフランス名の為に疑われますよね。ゴロが「名前のせ
いで疑われるので?」とホームズに言うと、ワトソンが「彼の祖母はフランス人だ」と口
をはさみ、このセリフを聞いたホームズが、ガクッとコケるシーンがあるのですが、
自分、今まで「何でこのセリフでホームズがコケるんだろう?」と、ずっと疑問に思って
たんですよ。(ここにはそんな方は、いないと思いますが…。(^_^;)

で、今日なにげに観てたら、ワトソン役の俳優の方の声が耳に入ってきて、
「ホームズ ハズ フレンチ グランマ」と言ってるではありませんか!
あ!そういうことぉー!ワトソンのセリフの字幕の「彼」ってホームズのことぉー!!

そう…自分、ずっと字幕の「彼」とはゴロの事だと思ってたんです…。
ホームズのお祖母さんがフランス人だったって事は知ってたのですが、てっきり、ワトソ
ンはゴロをフォローする為、彼のフランス名はお祖母さんがフランス人だからなんだよ、
とホームズに説明してるもんだとばっかり…
原作には無いセリフですが、ドラマの制作者の方達のセンスが光る粋なセリフですよね。
はぁ〜。何で自分、気付かなかったんだろう…トホホ。


JET 投稿者:HALKA  投稿日:05月24日(水)18時58分55秒

UNAGIさんの情報に従うと、以前新書のコミックスで出ていた
『SHの冒険』の1巻と2巻の収録作が両方入っているようですね。
参考までに、JETさんは、ほかにも
『倫敦魔魎街』という全8巻の作品があります。
ホームズは狼男で、ワトスンが吸血鬼というとんでもなシリーズです。
ま、お勧めは出来ませんが。

私はワトスン派ですね。新潮文庫のせいでしょう。


JETさんの漫画 投稿者:亮くん  投稿日:05月24日(水)12時23分09秒

 JETさんって結構、推理物が好きな漫画家さん
のようです。
 ですが、彼女は「あれもやり、これもやり。」っ
て感じで、なかなか次のが出版物の出て来ない漫画
家さんの一人ですよ。(^^;
 僕は、好きで良く買っていますが・・・。
 ですから、前のホームズ物もあります。
 ですので今回も買う予定です。


まんがで 投稿者:UNAGI  投稿日:05月24日(水)10時59分17秒

すんごいお久しぶりです。ドキドキしながら書いているUNAGIです。
(しかも一度書いたのに、エラーで消えてしまった……くじけそう)
さて、昨日本屋ぶらぶらしてたらば、またも「シャーロック・ホームズ」の
文字……目がひきつけられたのですが、え?まんが?……そう。まんが。
コミックス化してるかたがいたのですねえ。
「シャーロック・ホームズの冒険」(朝日ソノラマ)、作家は
JETというかたでした。どうしよっかなーと迷った後、購入してしまった
UNAGIです。 収録作品は「ぶなの木立ち」「ギリシャ語通訳」でした。
その他、ルルーの「オペラ座の怪人」がありましたが。
作者の愛着というか、意気込みを感じるかのような、力強さを感じる
タッチの "ホームズ、コミックス・バージョン"……。
ほかにもご存知のかた、おられるかもですね。
以上、「ひっそりこっそりひょいと見つけた情報」でした。
それでは、また……。こそこそ(?)現れるUNAGIでした。

(ホームズ関係ではないのですが、リンク入れさせてもらいました。
いいのかなあ。ハラハラドキドキ。「書きたい欲」の気ままな文字
ページ、超初心者技術なので……お恥ずかしいですが、ひとまず)

http://members.aol.com/Karugo/top.htm


小生は 投稿者:高田 寛  投稿日:05月24日(水)09時21分30秒

ワトスン派、ですね。ネイティブの発音の近い表記、てな事を言い出すと
ホームズだって、「はぅむすぅ」(小生の耳にはそう聞こえますが)になったりするので、
違和感の方が先に立っちゃいますから、ワトスン、若しくはワトソンで良いんじゃないか、
と思います。

但し、挿絵のPagetは、絶対に「パジェット」で「パジット」は断固として
不可、であります。かつてネイティブに何て発音するか質問した事がありますが(その人は
一応オックスフォード出身で、教養のレベルはある程度以上の人物でしたが)、その時に
「固有名詞だから絶対これ、とは断言出来ないが少なくとも「パジット」と云う発音は
英語では有り得ない、普通ならパジェットだろう」との回答を得ました。
その後もジョンブル君達何人かに聞いてみましたが、一人としてパジットに近い発音をした
人は居らず、全てパジェット派でした。某大先生がパジット教祖なんで、最近はパジットとの
表記が多く、小生としては心中穏やかならぬものがあります。

おっと、ごま様、昨日は大変失礼を致しました。メールを差し上げたのですが、
届いておりましょうや。ちょっと御確認迄。


ワトソン、さんだなぁ。 投稿者:ごま  投稿日:05月24日(水)08時03分02秒

ごまです。
私の場合は、書くときも言う時も「ワトソン」さんです。
でも、目がなれているのは、「ワトスン」。
ただ「ワトスン」と書いてあっても、私の目はやっぱりワトソンと読んでしまいます。
今発見した事は、私の指は「ワトスン」と入力することに慣れてないみたい…

そだ、MAMIさん、ごまちゃんで結構です、はい。